紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

シゴフミ 第5話 「タダイマ」 

猫が苦手

「意外とかわいいとこあんのね~、猫が苦手なんて」

やべっ、チアキの笑顔がかわいすぎる・・・。表情も豊かですし、こっちがヒロインでいいんじゃないかなw
今回のシゴフミの宛先はシュレデンガーという名前のネコ。帰る場所を持つネコを通して帰るべき場所がもうないシゴフミ配達人の孤独感を演出しようとしていたように感じました。
ネコを捕まえるフミカとチアキのドタバタが目立ちましたが、シゴフミの配達人に関しての情報がさらっと出てきました。気付いた点を上げてみると
・配達人は死者がなる
・死者なので年をとらない
・生前の記憶は残ったまま
ってな感じでしょうか。どうやら年をとる&死人ではないフミカの存在はイレギュラーのようです。それにしても生前の記憶が残っているってある意味残酷やなぁ。
なぜ死者ではない(?)フミカがシゴフミ配達人をしているのか、これは話の重要なポイントになるでしょうね。
スポンサーサイト
[ 2008/02/07 22:55 ] [終了]シゴフミ | TB(14) | CM(0)

シゴフミの感想は・・・ 

ちょいと明日絶対に遅れることができない大事な用事があるのでシゴフミの感想は明日以降に書きます。シゴフミ自体は飲み会しながら流し見はしたんですけど、正直頭の中に全然入っていないですwなんかフミカのまわりに猫がいてフミカの仕草がかわいかったような気が・・・。
[ 2008/02/07 01:43 ] 日記 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。