紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

シゴフミ 第12話 「シゴフミ」 

シゴフミ

「変わってなんかやらないから。絶対に、ミカを私の中になんか入れてあげない」

ん~、結局最終回では何を言いたかったんだろ?途中、ケータイのカメラを文歌に向ける無神経な連中に苛立ちを覚えましたけど、それ以外はイマイチ何を表現したかったのかわかりませんでした。ラストこそシゴフミを巧く活用してほしかったなぁ。最終回の盛り上がりとしてはイマイチな気がします。あ、EDに今まで出てきたキャラが後日談っぽく登場してくる展開はすごく好みです。まさに作品の時間が続いていってるって感じがたまらない。

総評としては、短編ですごく良いお話があったり胸クソ悪くなる話があったりと色々ありましたが、見ていて色々考えさせられる作品でした。ただ、全体を通して何を表現したかったのかがよくわからなかったです。まぁ、なんだかんだでハッピーエンドを迎えることができたので良しとしましょうかw
スポンサーサイト
[ 2008/03/26 23:29 ] [終了]シゴフミ | TB(18) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。