紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

マクロス FRONTIER 第22話 「ノーザン・クロス」 

勇気
「アルト・・・私に勇気をちょうだい。」

アルトはシェリルにどんな"勇気"をあげたんでしょうか?w(←サイテー
それはさておき、今回は話が最終回に向けて一気に加速したって感じでした。新型バルキリーの登場に始まり、シェリルの歌声から微弱なホールド波が検出されたり、オズマ・キャシーなどマクロスクォーター組の7割程度が海賊になったりと・・・さらにはランカとブレラの目的地は地球みたいな青い惑星だったりと盛りだくさんでした。グレイスたちも本格的に自ら動き出すようですし、怒涛の展開が待っていそうです。

なんかシェリルのV型感染症がルカの言う通りだとすればシェリルはハッピーエンドを迎えることができなそうな感じがしますね・・・。
でも最期まで歌うことを望むシェリルに対してアルトの
「俺がいてやる。お前が歌うならその最後の瞬間までお前のそばに居る。」
ってセリフはすごくかっこよかったです。青臭いながらもまっすぐな想いがシェリルに伝わったと思いますよ。こりゃシェリルは完璧落ちたでしょうねw三角関係の結末はアルト×シェリルで決まりかも。

次回は「トゥルー・ビギン」。このタイトルも歌のタイトルなのかな?

にほんブログ村 アニメブログへ
(↑クリックお願いします。)

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。