紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

コードギアス 反逆のルルーシュR2 第23話 「シュナイゼル の 仮面」  

シュナイゼル
「仮面を使いこなせない人間に勝利はない」

仮面の下に隠された陰謀―。
シュナイゼルの計画とはフレイヤ弾頭を装備したダモクレスを軌道上に置き、その絶対的力を利用して人類から争いを失くすというものでした。コーネリアの言葉を借りれば最終的に"神"になるつもりのようです。ルルーシュがブリタニア帝国を支配することを放置したのもこの計画のためで、全てはシュナイゼルの盤上のできごとだったというわけです。
シュナイゼルの仮面とは前ブリタニア皇帝が言っていた"嘘の仮面"だと思います。このシュナイゼルの仮面はそう簡単にははがれないでしょうね。兄妹(ナナリー)でさえ仮面を被って利用し、邪魔になれば妹であるコーネリアであっても簡単に抹殺する・・・シュナイゼルの仮面はある意味ギアスよりも恐ろしい力だと思いました。
ナナリーはシュナイゼルの用意したダミーの脱出艇に乗っていたために助かっていたようです。スザクがフレイヤを発射する可能性とルルーシュの行動からあらかじめダミーを用意しておくなんて・・・シュナイゼルは本当に恐ろしい人ですね。ギアスといった特殊能力がないのにここまできるとは信じられません。
ナナリーの生存を知ったルルーシュはナナリーの前で仮面を被り続け、以前のように激しく落ち込み自暴自棄になるようなことはありませんでした。数多の経験とルルーシュを支えるC.C.やスザクのおかげでしょうね。ルルーシュの成長が感じられてよかったです。
ルルーシュ(ブリタニア帝国)vsシュナイゼルと黒の騎士団の連合軍の戦いは現時点ではフレイヤ弾頭を装備している連合軍の方が有利っぽいですね。もちろんフレイヤ弾頭の威力もさることながら数々の苦難を乗り越えてきた黒の騎士団メンバーの実力もルルーシュを追い詰めています。ルルーシュはフレイヤに対抗できるものをニーナに開発させているようですけど・・・それが間に合うのでしょうか。フレイヤ弾頭をどうにかしないとルルーシュに勝ち目はなさそうです。このままでは次回予告でルルーシュが言っていた"フレイヤが支配する戦場にもはや戦術は通用しないのか"ってな感じになってしまいそうですね。

次回は「ダモクレス の 空」。シュナイゼルとの決着が着くのでしょうか。そして未だ明かされないゼロレクイエムがどういったものか気になります。

にほんブログ村 アニメブログへ
(↑クリックお願いします。)

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。