紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

マクロス FRONTIER 第25話 「アナタノオト」  

最終回
はじまり―。
いや~、マクロスFの最終回は一秒たりとも見逃せない気合入りまくりのすごく内容の濃い(悪く言えばちょいと詰め込みすぎ?)ものでした。VF-25などのバルキリーのスピード感溢れる戦闘はもちろんのことマクロスギャラクシーvsマクロスクォーターといった巨大戦艦同士の熱い戦いは見ているこちらも興奮してしまいました。それになんと言ってもシェリル・ランカの歌のラッシュでしょう。テンポよくこれまでの歌を切り替えながら歌っていた彼女たちの歌は戦場にいる者たちに様々な感情を与えながら人間にだけでなくバジュラの心にも届いていたと思います。
結局、ランカ・シェリルの歌を通じてバジュラが人間たちに自分たちとはまた違った"個性"があることを感じて理解することによって人間とバジュラの共闘することができました。バジュラが身を挺してマクロスフロンティアを守っていましたし、もしかしたらこの先バジュラと人間はお互いより理解しあってうまく共生していくことができるのかもしれません。異種間同士が歌を通じて理解しあうというマクロスならではの展開ですね。

マクロスFは途中不幸なことが多くありましたけど、TV版の最終回は未来に希望が持てるハッピーエンドでした。ランカの"ここから始まるんだね"ってセリフのようにアルト×シェリル×ランカの物語はここから始まるって感じです。その物語がこれ↓
映画化
『劇場版マクロスF』で描かれるのでしょうか?TVの最終回ではアルト×シェリル×ランカの三角関係は決着の着かないまま終わりましたからもしかしたらこの映画で決着が着くのかも?!どちらにせよ、映画化されるのはうれしいので絶対に見に行きますよ~。

にほんブログ村 アニメブログへ
(↑クリックお願いします。)

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。