紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

喰霊 -零- 第2話 「憎発露 ―にくしみのはつろ―」 

姉と呼ぶな
1話が衝撃的なラストだった『喰霊 -零-』の2話目。1話が過去話で現在に戻って話が始まるかと思いきや、1話の続きでスタートしました。結局1話で出てきた防衛章所属の特戦四課のメンバーは全滅だったようで、今度は環境省所属の人たちが出てきました。彼らが(本当の?)主役かと思って公式サイトを見てみたんですけど、特戦四課のメンバーしか載っていませんでした・・・。ということは特戦四課が実は全滅を免れていて、再び登場してくるということでしょうか?う~ん、なんか上手いこと製作者側に乗せられている気がしますね。
今回の刀での戦闘シーンはかっこよかったです。静と動を上手く使い分けていてすごく緊張感のあるシーンでした。ただ、カテゴリーBを居合い切りで縦向きに一刀両断した時は「?!!」と思いましたけどw

次回は「邂逅 砌 ―かいこうのみぎり―」。この調子で毎回気になるラストで締めてくるのかな?

にほんブログ村 アニメブログへ
(↑クリックお願いします。)

スポンサーサイト
[ 2008/10/14 23:55 ] [終了]喰霊 -零- | TB(21) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。