紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

キャシャーン Sins 第3話 「苦悩の果てに」  

キャシャーンとスレンダー

キャシャーンが人間であるアコーズと出会ったことで自分を見つめなおし、苦悩の末に自分の犯した罪に向き合うためにフレンダーと対峙して、最後にはフレンダーと共にいくことになったお話。このアコーズというキャラはいい意味で人間くさいキャラクターでしたね。今まで出てきたロボットたちに比べて表情豊かなでしたし、なんか本能のまま生きてきたっぽい感じがしました。"逃げ続けることも結構きつい"とか"死ぬことにも覚悟が必要なんて・・・"など、なんかアコーズのセリフには不思議と説得力があったと思います。
フレンダーがキャシャーンを許した理由がなぜなのかはよくわかりませんでした。キャシャーンの生き様を最後までみるとかそんな理由でしょうか…フレンダーはしゃべらないのでその仕草から想像しなければならないので難しいです。

3話まで見て今更ながらキャシャーンSinsの魅力は毎回出てくるゲストキャラクターとキャシャーンの短くも深いセリフがじわ~っと心に染み込んでくることだと思いました。短いセリフでここまで世界観や感情を表現できるかって感じです。

次回は「滅びの天使」。

にほんブログ村 アニメブログへ
(↑クリックお願いします。)

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。