紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

機動戦士ガンダム00 2nd Season 第6話「傷痕」  

引導を渡す
「ガンダム!引導を渡す!!」

トランザムシステム起動―?
あれだけ出撃の度におやっさんから"刹那、トランザムは使うなよ"と散々警告されていたのに刹那はさくっと00ガンダムのトランザムを起動させてしまいました。普段の起動でさえ怪しそうな00ガンダムはトランザムを起動させたと途端にダウンしてしまうという可能性もあるのに・・・。なんか映像からするとカメラアイが消えていますし、一時的にダウンしてしまったのかもしれません。次回予告を見る限りバンバン動いているのでなんとかなるんでしょうけど。刹那の『了解』ほど信用できないものはないですねwもしかしたら刹那に"使うな"という指令は逆効果なのかもしれません。
スポンサーサイト

とある魔術の禁書目録 第6話 「幻想殺し(イマジンブレーカー)」  

ぷるぷるインデックス
インデックス編解決。当麻の幻想殺し(イマジンブレーカー)によって"セントジョージの聖域"からインデックスを解き放つことはできましたが、当麻はインデックスとの記憶を"セントジョージの聖域"によって脳細胞ごと破壊されてしまいました。インデックスの前ではあたかも記憶を壊されていないように振舞っていたことを知ったときはせつなくなってしまいましたよ・・・。"たとえ記憶は壊れても心が覚えている"って展開は個人的には好みでした。

にしてもセントジョージの聖域と対峙しながらステイルと神裂火織に対して
「ちょっとくらい長いプロローグで絶望してんじゃねぇよ!手を伸ばせば届くんだっ!いい加減始めようぜ魔術師!!」
ってセリフはかっこよかったです。当麻は戦闘シーンになると独特のかっこいいセリフ回しになりますね。

今回のことを受けてネセサリウス側はインデックスの身柄を保留することにしたようです。おそらく能力者たち学園都市でこれ以上ことを起したくないということと、学園都市の生徒である当麻を魔術師側が傷つけるとやっかいになるとか、ネセサリウス側もゴタゴタしているからなんでしょうね。インデックスの10,3000冊の魔道書の価値はネセサリウス側が1番よくわかっているでしょうし。

次回は「科学崇拝」。次回からディープブラッド=吸血鬼の話になるみたいです。当麻とステイルの共同戦線が見られるっぽいですね。

にほんブログ村 アニメブログへ
(↑クリックお願いします。)

かんなぎ 第6話 「ナギたんのドキドキクレイジー」  

心の咆哮
「お、お前の格好があまりにもかわいくて、やらしくて直視できないから寄るなって言ってるんだよ!気付けバカーーーっ!!」

仁、心の咆哮―。
自分の気持ちをナギに対してストレートに叫んでしまう仁に惚れたw
前半はナギとつぐみが下着を買いに行く話、後半はナギと(代理で)つぐみがバイトしているメイド喫茶へ美術部のメンバーが遊びにいく話しでした。いや~、かんなぎはやっぱし細かい仕草や会話のやり取りがすばらしいですね。今回は何でもない日常だったのにすごく楽しめました。ところで・・・
背景の二人
この背景の二人ってかの有名な監督たちですよねwさらっとこういうのを背景にもぐりこませる出す遊び心は結構好きです。

次回は「キューティー大ピンチ!激辛ひつまぶしの逆襲(後編)」。だんだんわけのわからないタイトルになってきましたね。ん?前編もやってないのに後編って何だ?w

にほんブログ村 アニメブログへ
(↑クリックお願いします。)

[ 2008/11/09 14:56 ] [終了]かんなぎ | TB(37) | CM(2)

あかね色に染まる坂 第6話 「山吹色のモンターニュ」 

温泉
"あかね色に染まる坂"期待(?)の温泉回・・・だったんですけど、なんかサービスシーンもそれほどなくフツーすぎてこれっていうのがなかったと思います。入浴シーンに関しては自宅の方がエロいですしねwもう少しサービスしてもほしかったです。あ、でも各キャラクターの浴衣姿を見ることができたのはよかったです。
浴衣姿
特に湊の浴衣姿は最高でしたwいや~やっぱし浴衣は白がいいですよ。

次回は「鋼色のフェスティバル」。学園祭の話っぽいです。

にほんブログ村 アニメブログへ
(↑クリックお願いします。)

テレパシー少女 蘭 第19話 「蘭、カフェ・ド・オバケ屋敷」  

親子の絆
( ;∀;)イイハナシダナー
一週間遅れの感想。学園祭でお祭り騒ぎだけのかと思いきや、親子の絆がメインの回でした。翠の"自分の子供が他人とは違ったらどう思うのか"という問いに対して蘭の両親は「すごく悩むと思う。でも(たとえ他人とは違っていても)子供を大事に思わない親はいない」と答えました。これがひとつのきっかけになってラストには翠と翠の母親の心が通じ合ったようでよかったです。翠の幼いころからの悩みに関してはこれで解決したのかな?

次回は「凛、超能力に挑戦!」。兄さんが無茶しそうですw

にほんブログ村 アニメブログへ
(↑クリックお願いします。)

『オーディオセッション in OSAKA 2008』に行ってきた 

今日はオーディオ&ビジュアル・イベント"オーディオセッション in OSAKA 2008"に行った後、友人たちと飲み会と行ってきました。やはりイベントに行って刺激を受けると今まで以上にオーディオに対する熱意が強くなると実感しました。現状では到底買えない機器たちの音や映像を体験することができたので有意義な一日でしたね。毎年参加しているのですけど、今年は特に映像関係に関して驚きの連続でした。いよいよデジタル放送・BDなどのハイビジョン環境が普及の段階になってきているとういことをひしひしと感じましたね。
オーディオセッション2008に関して色々面白いことも聞けたので時間があれば簡単なレポート書きたいと思います・・・。

[ 2008/11/09 01:02 ] 日記 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。