紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

あかね色に染まる坂 第8話 「黄昏色のデザイア」  

つかさ
つかさがかわいいすぎる!
もうヒロインはつかさでいいような気がしましたよw
話しとしてはつかさが(子供の頃からあこがれていた)声優になるためにオーディションを受けにいくという感じでした。準一とつかさのお互いの過去を知る幼馴染ゆえの微妙な恋愛感情が上手く描けていたと思いましたね。今までつかさは準一の過去を知る存在として準一をからかう機会が多かったですけど、今後は準一の恋愛関係の輪に入ってきてほしいです。つかさが準一を幼馴染としてではなく恋愛対象として捉える瞬間を見てみたいですし。

次回は「あかね色のバースデイ」。あかね色ってことは優姫メインの話しっぽいですね。

にほんブログ村 アニメブログへ
(↑クリックお願いします。)

スポンサーサイト

キャシャーン Sins 第8話 「希望の賛歌 」  

賛歌

キャシャーンが希望の歌姫であるジャニスに出会い、音楽堂を目指すジェニスの旅にキャシャーンが同行する話。音楽堂にたどり着いたジャニスがロボットたちの期待に応え歌う曲をバックにキャシャーンが壮絶な戦闘をおこなっているシーンは痺れました。希望を与える歌姫ジェニスと死を与えるキャシャーンとの対比が美しいと感じましたね。この演出はすばらしかったです。
キャシャーンは今回初めて自身の力を振るうことで誰かを守ることができたと感じたのではないでしょうか。今までは力を使うと暴走して人々を守るどころが傷つけてしまっていましたし・・・。ジェニスと出会えたことはキャシャーンにとって救いとなったでしょうね。"意味のないものなんてこの世にない"というセリフはこれからもキャシャーンを支えていくと思います。

挿入歌の『a path』『sky』がすごくよかったので誰が歌っているのかとEDテロップを注目してみてみると・・・なんとリューズ役の宮原永海さんが作詞作曲&歌っていると知って驚きました。これらの2曲はサントラCDに収録されるなら絶対ほしいです。それ以前に宮原永海さんのCDを買ってしまいそうですw

次回は「滅びの谷に咲く花」

にほんブログ村 アニメブログへ
(↑クリックお願いします。)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。