紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

機動戦士ガンダム00 2nd Season 第8話「無垢なる歪み」  

女装ティエリア
ティエリアがマジで美人だ・・・。
ティエリアの美人って設定がこんなところに活きるとは思ってもみませんでした。もうこのままの姿で女性ガンダムマイスターとしてやっていけばいい気がしてきましたよ。
ところで女装していたときのティエリアの声は一体誰があてていたんでしょう?まさかそのまま神谷浩史さんってことはないですよね。

ティエリアがイノベイターと接触したことでイオリア・シュヘンベルグの計画の全貌が明らかになりました。そのステップとは・・・

1、ソレスタルビーイングの武力介入を発端とする世界の統合
2、アロウズにより世界の人々の意思を統一
3、人類を外宇宙へと進出させ、きたるべき対話に備える


だそうです。この計画によるとCBは第1ステップで消滅する予定であり、今の新生CBが存在していること自体計画にとってイレギュラーなようですね。なのにイオリアが第1ステップで消滅するはずのCBにツインドライブ理論やトランザムシステムを託したの謎です。
最終的にはソレスタルビーイングvsアロウズではなくてイノベイターとなりそうな感じですね。
CBとイノベイターの両方に情報を与えている王留美が求めていることは変革であり、それをもたらすのがアロウズであろうとCBであろうと関係ないみたいです。王留美が変革を強く望む理由は一体なんなんでしょうか。

不死身のコーラサワー
ついにみんなが待っていた(?)コーラサワーが登場してきました。7度のガンダム戦を体験しておきながら戦死していないためまわりから"不死身のコーラサワー"と呼ばれているみたいです。コーラサワーは1期の最終決戦ではさすがに戦死したかと思っていたのにフツーに生きていましたからね。マネキン大佐はコーラサワーのようなまっすぐで"私が面倒をみてあけないと・・・"って感じ男に弱いですね。

次回は「拭えぬ過去」。

にほんブログ村 アニメブログへ
(↑クリックお願いします。)

スポンサーサイト

かんなぎ 第8話 「迷走嵐が丘」  

妄想
なんという妄想回w
鍵を忘れたことで自分の家に入れなくなった大鉄が仁の家に泊まるというお話でしたが、大鉄の妄想がすごすぎでした。おそらくこれだけ想像力豊かだからこそ美術部の芸術を生み出すことができるのでしょう。今回は妄想だからこそできるサービスシーン(?)も多く、ニヤニヤが止まりませんでした。これからも大鉄には仁とナギとの関係を大いに妄想してもらわないと困りますよw

カミサマ
今回、何気にナギの正体の核心にせまるシーンがありました。何かに憑かれている状態のナギのセリフから創造すると、仁の前に御神木を通して顕現してるナギ自身は"神"という集合体の一部なんでしょうか。今のところナギの正体が物語に重要な感じは全くしませんけど、これから重要になってくるのかな?

次回は「恥ずかしい学園コメディ」。仁と大鉄との関係が誤解されそうな感じですね。

にほんブログ村 アニメブログへ
(↑クリックお願いします。)

[ 2008/11/23 13:46 ] [終了]かんなぎ | TB(37) | CM(0)

とある魔術の禁書目録 第8話 「黄金練成(アルス=マグナ)」  

インデックス
湯気が少なくても見えない・・・。
せっかくインデックスの入浴シーンがあってもこのカメラワークだとダメですねw
それはさておき、三沢塾に侵入した当麻とステイルはアウレオルスの迎撃によって記憶を奪われ三沢塾から外に出されてしまいました。倒壊したビルを元に戻せるほどの能力を持つアウレオルスはかなりの強敵のようです。
話しとは全く関係ないんですけど、アウレオルスのしゃべり方が個人的に気に入りました。セリフの節々に"当然"や"現前"などの単語を入れてくる独特の言い回しはなんかクセになりそうですw

愛沙とアウレオルスがなぜ共闘しているのかは今だ謎でしたね。利害の一致なんでしょうけど、どう見ても愛沙はアウレオルスに利用されているようにしか見えません。共闘している目的は次回あたりに明らかになるのかな?

ラストにインデックスが捕らわれたということを知った当麻は今まで以上にアウレオルスを攻略するモチベーションが上がったでしょうね。ところでアウレオルスとインデックスは過去にどんな関係だったんでしょうか・・・。

次回は「吸血殺し(ディープブラッド)」。

にほんブログ村 アニメブログへ
(↑クリックお願いします。)

テレパシー少女 蘭 第22話 「蘭と白い少女」  

キツネの恩返し
キツネの恩返し?
前回・前々回とテレパシー少女蘭の感想を書くのを休んでしまいましたが、今回は書きたいと思います。
今回は蘭たちがお母さんに雪女の取材を頼まれ、その過程で典子に出会い雪女の噂に迫るお話。結果的に雪女=キツネのユキちゃんが化けたものでした。キツネのユキちゃんは昔典子に助けられた&名前をつけてもらったことに感謝していて、典子の宝物であるお母さんのペンダントを見つけ出して典子に渡すことでその恩を返したってところでしょうか。キツネの恩返しって感じですごくいいお話でしたね。
にしても蘭のお母さんも蘭たちに取材を任せるなんて思い切ったことをしたなぁ。普段雪に触れる機会が少ない子供が雪の積もっている地域にいったら絶対遊んでしまいますよ~w蘭たちの取材でお母さんは締め切りに間に合ったのかな?

次回は「蘭、埴輪の声を聞く」

にほんブログ村 アニメブログへ
(↑クリックお願いします。)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。