紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

喰霊 -零- 第9話 「罪 螺旋 -つみのらせん-」  

堕ちた黄泉
ついに黄泉が―。
前回死んだかと思われた黄泉はなんとか一命を取り留めるも、全身の神経に傷を負いさらには声まで・・・まさに黄泉は全てを失ったという感じでした。ホント画面を見ているのが辛かったです。黄泉が堕ちるまでの過程を激しいシーンなどではなく地味に淡々と事実を突きつけていくように描いていたのが、余計に絶望を感じさせたのかもしれません。
「今から明るい話を・・・」というわけにはいきませんでしょうけど、何か少しでもやすらげるシーンを出してほしいなぁ。こういった欝全開の展開は苦手なんですよね・・・。

次回は「悲劇 裏-ひげきのうら-」。そろそろ1・2話へとつながってきそうですね。

にほんブログ村 アニメブログへ
(↑クリックお願いします。)

スポンサーサイト
[ 2008/12/02 23:32 ] [終了]喰霊 -零- | TB(19) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。