紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

空を見上げる少女の瞳に映る世界 #4-#5 

「わたし、いかなきゃ・・・」

天上界のアクトの枯渇による崩壊はムントとユメミが接触したおかげで免れたようですが、今度はアクトが原因(?)で天上界が戦争状態になってしまったようです。なんで戦争になったのかはイマイチわかりませんでしたけど、戦闘シーンはキレイで迫力がありましたね。3話までよりもずっと画のレベルが高かったように感じました。ただ、ビジュアル的によくても中身が伴わない(人々の意志がわからない)は魅力に欠ける気がしますね。このあたりは今後に期待でしょうか。

5話は地上界の話でした。"ユメミが天上界が救われていないことに気付いてしまった"というぐらいしかメインの話自体は進んでいないですね。それ以外はイチコがユメミに対して友達以上を感情を持っている気が(ry いや、なんでもありませんw

次回は「信じること」。まさか予告でシャアネタが出てくるとは思ってませんでしたw

にほんブログ村 アニメブログへ
(↑クリックお願いします。)

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。