紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

鉄腕バーディー DECODE:02 第11話 「Both Sides Now」  

イクシオラ
「イクシオラは生まれてくるべき命じゃなかったんだ。」

ためてしまっていましたが消化できたので感想を書きたいと思います。感想を書いていない間に話が一気に加速しました。ナタルはイクシオラの力として時間を越えるジャンプ能力を得ましたし、バーディーがナタルの力についても知ってしまいました。
ナタルにイクシオラの存在を否定されてしまったのはバーディーにとってショックでしたでしょうね。バーディーはイクシオラで連邦捜査官あることに誇りをもっていると思いますし・・・。1番幼少からバーディーのことを知っていて認めてほしい相手に言われるのはキツイと思います。

中杉さんとつとむくん
「私と千川くんに何があったか知ってる?」

中杉さんキターーーーー!!!!
えぇ、知っていますとも!二人は恋人同士だったんです!!
まさか最終回間際で中杉さんが出てくるとは思ってもみませんでした。もしかしたらつとむと中杉さんの仲が元に戻る(再スタートする)可能性もありますね。中杉さんの話となるとヘコんでばかりいたつとむくんにも春が訪れそうな感じですw

次回は「Before Long」。次回は最終回なんですね。バーディーとナタルの両方にとって幸せな形で終わるのでしょうか。それとつとむと中杉さんの関係が元に戻るか気になるところです。

にほんブログ村 アニメブログへ
(↑クリックお願いします。)

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。