紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

獣の奏者 エリン 第27話 「ヒカラにおちて」  

ヒカラにおちて
エリンは夢の中で自分を励ましてくれた、ジョウンとお母さんのためにも自分のできることを精一杯やろうと心に誓うのでした―。

エリンが前回のリランの件を受けて自分のやっていることに悩んでいるところから立ち直るお話。獣の奏者エリンにしては珍しくエリンの夢ってことで幻想っぽく描かれていましたね。ヒカラという悪人が堕ちるという死後の世界をベースに演出していたせいかちょっとホラーっぽかったです。個人的に怖いのは苦手なのでソワソワしながら見ていましたよw

蛾の3D描写が妙にリアルでしたね。今までにも虫の動きを演出使うことが多かった感じですけど、今までの中で1番リアルで、ある意味気持ち悪いくらいでした。火のまわりをウロウロしている時はいつ焼けてしまうのかハラハラしながら見ていましたよ。

次回は「ジョウンの死」。次回予告で盛大にネタバレしているんでるけど、ホントにジョウンおじさん死んでしまったんでしょうか?エリンが夢の中でお父さんと呼んだのが死亡フラグだったのかなぁ・・・(泣。エリンの心が壊れてしまわないか心配です。

にほんブログ村 アニメブログへ
(↑クリックお願いします。)

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。