紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

PumpkinScissors #24(終) 

パンプキン・シザース 第24話(最終話)の感想を書きたいと思います。
(以下ネタバレあり) アリスとアランとの決闘はアリスの勝利で決着を迎えた。しかし、平民たちは貴族たちに制裁を加えるという目的が果たせずにいたため、怒りを再びあらわにする。怒りを納めない平民たちに対し、アリスは平民たちと対峙する姿勢をとるが、それを制止したのはこの事件の元凶であるパウロ侯爵だった・・・。

すまん!!・・・すまん!!

いや~、おもしろかった。舞踏会編も原作に忠実な終わり方をしましたね。パウロ侯爵・貴族たちの謝罪のシーンは声優さんたちの演技も力が入っているように感じました。貴族≠人間という平民たちの意識を変えさせたあの誠意をもった謝罪はすばらしかったと思います。今回の主役はパウロ侯爵たち貴族と平民たちでしたね。パンプキン・シザーズの場合、本来は陸上3課が活躍しない方が良い(戦災がない方が良い)ので、こういった貴族・平民たちが自らの意思で世界を変えていこうという姿勢は戦災復興という観点からすれば、重要なことだと私は思いますよ。

え~、最終回を迎えたので総評を書きたいと思います。みなさんの予想通り、伏線を全部回収せずに終わってしまいました。特に銀の車輪結社に関しては原作(単行本)でも正体が明らかになっていないので、アニメでも結局謎のままでした。この辺は連載中のマンガを原作にするアニメを宿命なのかもしれません。パンプキン・シザーズも原作の事情を知らない人からすれば、中途半端な作品として見られてしまう可能性がありますね。お話は中途半端感が否めないですが、1話ごとのクオリティー自体は高かったと思います。原作を忠実に再現しようとする姿勢が見られ、さらにはマンガではできないアニメならではの表現(動画・音声)で作品をおもしろくしようと試みている点も多くあったので、原作を知っている私としてはアニメ版パンプキン・シザーズの評価は高いです。原作に無いオリジナルの話にしても世界観を壊すことなく、むしろストーリー自体に深みを持たせることに成功できたのではないかと思います。
長くなりましたが、お話自体は中途半端なところで終わってしまい、原作未読の人には不親切だったかもしれませんが、原作を知る人は素直に楽しめた作品だったのではないでしょうか。あの終わり方では2期の製作はおそらくないと思いますが、もしやるのであれば是非見たいですね。

来週からKBSではこの時間にアニメ枠はありません(;´Д`)
スポンサーサイト
[ 2007/03/21 22:04 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。