紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

DARKER THAN BLACK -黒の契約者- #1 

コードギアスの後番組というすごいプレッシャー中始まった"DARKER THAN BLACK -黒の契約者-"ですが・・・おそらくこれは万人受けしない作品になると思います(;´Д`)とは言え、私は結構面白く見ることができたので、視聴継続決定ですね。

それでは"DARKER THAN BLACK -黒の契約者- 第1話「契約の星は流れた…前編」"の感想を書きたいと思います。
(以下ネタバレあり) おまえらの顔を見ていると・・・ヘドが出そうだ・・・!!

コードネームBK-201、彼の名前は黒(ヘイ)。普段は中国人留学生・李舜生として生活を送っているが、任務のためにはどこまでも冷徹になれる組織の1級エージェントであり特殊能力を持つ「契約者」である。ヘルズ・ゲートの出現により本当の空を失った東京で、彼はヘルズ・ゲートの謎を巡る争いの中で彼は何を思い・感じるのだろうか・・・。

う~ん、すごい伏線の量だwまぁ、でも、物語の最低限の掴みとしてはOKだったと思います。このアニメがどう評価されるかはこの伏線の回収の仕方にかかってくるでしょうね。

ところで「契約者」には契約に対する「対価」というものをそれぞれ支払わなければならないようです。第1話で出てきた契約者たちの対価はというと・・・
・ルイ(重力遮断の能力の契約者):指の骨を折る
・ジャン(テレポートを使う契約者):小石をキレイに並べる
なんといいますか、千差万別ですね。主人公であるヘイも契約者なので対価を支払わなければならないはずなのですが、1話の時点ではまだでてきていませんね。おそらくこの対価が物語のキーになってくるはずなので、注意しながら見ることにします。

次回は「契約の星は流れた…後編」。な~んか、千晶がヘイに殺されそうな予感が・・・(´・ω・`)

スポンサーサイト
[ 2007/04/07 19:21 ] 未分類 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


解析不可能なヘルズ・ゲートの出現は、東京より本当の空を奪った。そして、その者達が現われる。特別な能力を身につけた者達・・・そう契約者が・・・。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。