紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

地球(テラ)へ・・・ #1~#3 

妖奇士の後番組として始まった「地球へ…」をやっと休日に一気に見ることができました。原作は未読な上、映画化されていたことも最近まで知らなかったという無知っぷりを発揮している状態での視聴ですw

それでは地球(テラ)へ…の第1話~第3話までの感想を書きたいと思います。
(以下ネタバレあり) 「僕はミュウなんかじゃない…!!」

お、これはなかなかいいかも。閉ざされた空間から抜け出し、そこで世界の真実を知るというSFの王道的な展開がいいです。王道な展開をしつつも視聴者側に続きが気になるようにさせるストーリー構成はすばらしいですね。

1~3話かけて主人公のジョミーがミュウとして目覚めお話はこれからよりおもしろくなりそうなんですが、個人的にジョミーに対して感情移入しにくいですね。なんというか同じクラスにいても"親しくなれないタイプ"ですw我の強い人は苦手なので…w

あ、地球へ…を見て思ったんですけど、
terra_01.jpg

ジョミーのママの声がエロすぎる…(*´Д`)こんな母親だったらジョミーがマザコン気味になるのも良くわかりますw

次回は「宙からの帰還」次回予告でソルジャー・ブルーの死亡フラグが立ちまくりなんですけど、大丈夫なんでしょうかね?


©竹宮惠子 / 毎日放送・スカパーウェルシンク・アニプレックス・電通
スポンサーサイト
[ 2007/04/25 01:42 ] 未分類 | TB(2) | CM(3)
「地球へ…」見てない~
ゾイドやガンダムが終わった頃からあの時間帯はわたしの手から離れてしまいましたよ…
[ 2007/04/25 23:09 ] [ 編集 ]
>>Ramithさん
なんだかんだ言っても土6の番組は見続けていますよ。見始めたきっかけはゾイドだった気が・・・。プラモデルの箱に書いてあるようなミリタリー色の強いゾイドとか放送しないかなぁ・・・。
[ 2007/04/26 01:43 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/04/07 10:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


※地球へ・・・第3話の感想記事です※ギリ「殺す?馬鹿な事を言っちゃいけない!殺す気ならわざわざ探す必要などない!なぜなら地球そのものが38時間後には”死ぬ”んだからな!」トビア「何っ!」ギリ「木星軍
第3話「アタラクシア」自分をここへと導いたソルジャー・ブルーに対して、アタラクシアへ帰せと声を荒げたジョミー。リオの運転によって、父と母が待っているはずの家へと帰還する。アタラクシアへ帰れる。しかし、ジョミーの表情は決して明るくはなかった。その一方で、ア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。