紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

DARKER THAN BLACK -黒の契約者- #4 

なんというか、容赦ない展開やなぁ…。悲劇が悲劇を生むって感じですよ。

それではDARKER THAN BLACK -黒の契約者- 第4話「新星は東雲の空に煌く…後編」の感想を書きたいと思います。
(以下ネタバレあり) おかえり…パパ…

親子愛の強さに俺が泣いた(つД`)

今回、警察が天文台と言っていた施設が出てきましたよ。契約者たちを探知することが出来るの施設の要はこれ↓
darker_02

なんというか超非科学的なデバイスですね。彼らは霊媒と化したドールたちのようです。

さて、モラトリアムのとして覚醒した舞でしたが、覚醒してからどんどん不幸な方向にいきます。能力をコントロールできなくなった舞は次々と物を燃やしていき、ついには
darker_01

舞の友人と父親さえも燃やしてしまいます。この辺の展開はマジで容赦ないですよ…(´・ω・`)

このモラトリアムについて語られましたね。霧原さんの上司曰く、
「やつらは契約者でもドールでもない、自覚もなく能力を垂れ流す出来損ないのバケモノだ…」
らしいです。舞の様子からすると明らかに制御できていなかったっぽいしなぁ。

最後に舞はモラトリアムから契約者になることができたのですが、それでもこの先彼女を待っているのは殺戮を繰り返す日々なんでしょうね。最後に父親と和解できたのがせめてもの救いですね。

次回は「災厄の紅き夢は東欧に消えて…(前編)」。


©BONES・岡村天斎/DTB製作委員会・MBS
スポンサーサイト
[ 2007/04/28 08:59 ] 未分類 | TB(3) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


 しんせいは両切りフィルター無しの紙巻タバコで、タール22mg、ニコチンは1.6mg。俺はあいにく無煙家なんでこの数字がどういうものなのかはちょっとわからない。通販サイトのレビューでは「思ったより吸い易い
【完全生産限定版】DARKER THAN BLACK-黒の契約者- 1能力が解放された・・・。だが、その能力を制御することが出来ず、舞の周囲は炎へと巻かれていく。そして、その時がきた・・・。
あの時生まれた新星はまだ、流れていない。
[2007/05/02 01:27] Hiroy's Blog


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。