紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アイドルマスター XENOGLOSSIA #4 

あ~、アメリカンドックが食べたくなってきた…。個人的にアメリカンドックと牛乳を一緒に食べるとすごくおいしいと思っております。

それではアイドルマスター XENOGLOSSIA 第4話「餃子とアメリカンドック」の感想を書きたいと思います。
(以下ネタバレあり) 「たまたま買っていたのをわすれていたわ!良かったらあんた食べなさい!!」

伊織めっちゃカワイイやん(*´Д`)

伊織がネーブラでの隕石破砕作業をミスしたことをきっかけに春香と伊織との仲が悪くなるのですが、春香が伊織のミスした理由と努力する姿勢を知り、それによって仲を深めることが出来たってお話でした。
うん、おもしろい!テンポが悪かった前回が嘘のようです。前回まで大体の舞台背景が出来たせいか、今回はキャラにしっかりとスポットを当てたお話できましたね。こういうのを見たかったんですよ。やっぱりキャラ同士の掛け合いがあってなんぼですからね~。

・今回のサービスシーン
imas_04

カメラさん、もっと下ですよ!!下!!!伊織は控えめなおっぱいですねw

次回は「冷たい手、温かい手」。春香さん、禁句を言ってしまってはダメですよw


©サンライズ・バンダイビジュアル
スポンサーサイト
[ 2007/04/30 01:10 ] 未分類 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


アイドルマスター XENOGLOSSIA (1)ネーブラで隕石破砕作業中、ミスを犯してしまい落ち込む伊織。そんな伊織を励ますため、律子は、十六夜寮の住人で餃子パーティーをやろうと企画するが、些細な事で春香と伊織は口ゲンカとなり・・・。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。