紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

DARKER THAN BLACK -黒の契約者- #6 

DARKER THAN BLACK -黒の契約者- 第6話「災厄の紅き夢は東欧に消えて…後編」の感想を書きたいと思います。
(以下ネタバレあり) 「おまえ、ほんとうに変わったな・・・だが、悪くない」

ヘイが意外に感情をむき出しにするキャラやったとはw

前半はハヴォックとヘイとのやり取りで、後半はハヴォックをゲートへと連れて行くというお話でした。今回の話で喪失者は再びゲートへと近づけば能力を取り戻すということがわかりましたよ。ということはゲートから常になんらかの力が発生している可能性がありますね。でも喪失者であるハヴォックには影響を与えていましたが、契約者であるヘイたちには何も影響がなかったんですよね・・・。むぅ、どういうことなんやろ?
それと、ハヴォックも組織の話をしていましたけど、これはヘイが現在所属している組織と同じなんでしょうか?ということは南米のゲート消失にも組織が絡んでいる可能性はありますね。

契約者以前のハヴォックの話によれば、ヘイは昔から大食いだったようなのでヘイの対価=「大食い」という線は完全になくなりましたね。私の予想ではヘイは対価がない、もしくは"契約者を演じる"ことが対価なのではないかと思います。現時点では対価らしい対価が見受けられないので、このへんは色々と想像が膨らみますよw

話は変わりますけど・・・
ヘイ&ハヴォック

なんかこのシーンがすごく気に入りましたよwヘイのぶっきらぼうだけど、人情味あふれるキャラがうまいこと表現されていると思いました。

次回は「五月雨にクチナシは香りを放ち・・・」。次回予告のノリは別番組やなw


©BONES・岡村天斎/DTB製作委員会・MBS

スポンサーサイト
[ 2007/05/13 23:41 ] 未分類 | TB(5) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


ハヴォックを拷問し、妹・パイや、アンバーという人物の行方を聞き出そうとする黒さん。なぜなら南米のゲートが消えたとき、妹たちと一緒にハヴォックも居たらしいから。だけど、彼女は、パイ達の行方は何も知らないと・
DARKER THAN BLACK 黒の契約者 第6話「災厄の紅き夢は東欧に消えて…後編」 いきなりヘイによるハヴォックへの拷問シーンからです。 ヘイの妹のパイについて聞き出そうとするけれども、ハヴォックの口からは自分が契約者としての能力を失った喪失者であることや自分の過去
[2007/05/14 06:59] +7 アニメ・声優情報局
 MI6、大英帝国情報局秘密情報部。MI6の呼び名は軍情報部6課・・・Military Intelligence section 6に由来する。ちなみに5課は情報局保安部でMI5と呼ばれる。 ただ正式には正しくない呼び
お前はもう契約者じゃない――。ヘブンズゲートとともに消えたヘイの妹。ヘイはハヴォックから情報を得ようとするが、彼女には当時の記憶はない。ヘルズゲートへ行けば能力と記憶が戻るかもしれない…ゲートへ向か
[2007/05/15 11:15] SERA@らくblog
【完全生産限定版】DARKER THAN BLACK-黒の契約者- 1ヘルズゲートが消失したあの日、ヘイ、パイ、バヴォックはあそこにいた。「妹はどこに行った?」ハヴォックに激しく迫るヘイ。しかし、彼女は能力と共にあの時の記憶を失ってしまったと言う。ヘルズゲートに行けば、記...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。