紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

地球へ・・・ 第13話「星に潜むもの」 

部下に恵まれなかったら

新人たち使えねぇ・・・。ワープ酔いはするし、しまいには訓練受けていないからとできないとかほざきますよ。こんな部下たちを持ってキースはついていませんね。キースはオー○事にでも連絡して人材を派遣してもらうべきですw

ジョミーvsキース

「捕まえたぞ。お前の隅々まで知りつくしてやる。さぁ、心を開け」

部下に恵まれていないキースは単身ナスカへ行き、そこでジョミーと初対決します。援護がきてジョミーが勝っちゃったわけですけど、ミュウ相手によく生身であそこまで戦えたもんだ。にしてもジョミーのセリフは微妙にエロいです。

取調べ

「なんでそこまで機械のプログラムに従う。お前は人間だろ?!お前は精神まで支配されて、それでも、それでも人間だというのか!!」

取調べを受けるキースに対して怒りを向けるジョミー。ひそかにジョミーのしていることは拷問っぽいですよねぇ。フィシス様は自分と同じ記憶を持っているキースに興味があるようですけど、二人の接点って今までありましたっけ?このへんは次回以降明らかになるのかな?

キースを助けに

「少佐、僕はあなたを・・・」

グレイブ・マードックはマジでキースのことを根に持っているようですよ。マツカはなんだかんだ言ってもキースのことが気になっていますね。

次回は「同じ記憶」。
スポンサーサイト
[ 2007/07/01 23:41 ] 未分類 | TB(8) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


地球へ…  現時点での評価:3.0~  []  TBS・MBS : 04/07 18:00~  SBS・RCC : 04/14 17:30~  原作 : 竹宮恵子  監督 : 山崎理  メカデザ : 出渕裕  キャラデザ : 結城信輝  2クール  アニメ制作 : 南町奉行所・東京キッズ ...
地球へ…今回は、マツカがミュウに接触するものかと何気に楽しみにしていたのですが、キースが単独で接触、囚われてしまいました。マツカは次回以降となるようですが、今回、発覚したフィシスとキースの記憶が同じという事実はかなり興味深いですね。マツカのことも含....
ついにジョミーとキースの初対決です。フィシスは、ナスカにとっての災いが近づいていることを予言の力によって知ります。そして、彼女はハロルドの子供の名付け親になるため、初めて...
[2007/07/02 05:10] 日々の記録 on fc2
ジルと家族の肖像画。竹宮惠子 先生が 初めて描いたSF作品『 ジルベスターの星から 』の中に ある、肖像画。『 地球へ・・・ 』と『 ジルベスターの星から 』のコラボレーションは 筆者には 余りにも 感動的過ぎます。誰が何と言おうと、この 演出には 最大級の賞賛を ...
第13話「星に潜むもの」前々回が簡易感想文だったばかりなのに、今回また簡易感想文です(以前に比べればまだ長めかもですが)。随分と簡易の割合高いですね、今回は時間の都合上と(やる事無駄に多い)、それから競馬で負けて心が荒んでいるのが理由です(少しは勝ったけど
品質評価 50 / 萌え評価 50 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 50 / シリアス評価 0 / お色気評価 0 / 総合評価 25レビュー数 2 件 マツカを伴いジルベスター星系へ向かうキース。彼の接近はジョミーに新たな火種となって降りかかる。撃墜され、拿捕されるキース。「少佐は生きてい
地球へ・・・Vol.2 【完全生産限定版】ジョミーはフィシスに話す、「長老達の想い、若者達の願い、みんな叶えてやりたい・・・」と。フィシスはジョミーの一途なその想いを受け止めた。だが同時に、このナスカに訪れるであろう不吉な何かを感じ取っていた。そして・・・....
ナスカに風が…、残酷な風が――。ジョミー×キース…じゃなかった(笑)ついに出会い対決する運命の二人!キースの記憶の中に、フィシスは知っている歌を見つける…ライバル二人が出会いやっと話が本格的に動きだす
[2007/07/03 10:19] SERA@らくblog


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。