紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

幕末機関説いろはにほへと #15 

幕末機関説いろはにほへと 第15話の感想を書きたいと思います。
(以下ネタバレアリ) お話は耀次朗と赫乃丈が日光東照宮へと行き、白い月涙刀に導かれるまま赫乃丈も永遠の刺客となったところまで。

ん~、いきなりちょっとお話がとんでしまった感はありますね。一体、聖天様はどうやって徳川家康が永遠の刺客だったことを知ったんでしょうか?そういった伏線は全くなかったと思うのですが・・・。
ところで耀次朗って赫乃丈のことを座長と呼んでいたんですね。今まで赫乃丈のことを一度も呼んだことがない(?)ので新鮮に感じます。しかし切羽詰まったシーンでも座長座長って連呼するのはどうかと思いますよw

次回は新撰組の土方歳三が出てくるみたいです。
スポンサーサイト
[ 2007/01/20 21:17 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。