紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

SOULNOTE sa1.0レビュー(その1.2くらい?) 

しばらく出来ていなかったSOULNOTEのモニターアンプsa1.0のプチレビューをしたいと思います。
今まで付属の電源ケーブルを使用していたので、そろそろ電源ケーブルを変えて遊んでみるかって思い、
自作電源ケーブル

(↑クリックすると大きくなります)
3年くらい前(?)に自作電源ケーブル1号(AET:HIN QUADとFURUTECH:FI-11M(Cu)・FI-11(Ag))を試してみることに。
接続してからしばらく聴いてみると…
「アカン、これではsa1.0の良い部分が引っ込んでしまう」
ってなってな感じになってしまい、結局付属のケーブルに戻しました。なんというか、中低域の厚みは確かに増えて楽曲によってはいいのかもしれないんですけど、全体的に音の締りが悪くなってしまいせっかくの繊細且つハイスピードなsa1.0の特徴が活かせない感じなんですよ。う~ん、今までのアンプだったら結構良い電源ケーブルだったのに複雑な気分です。まぁ、それだけ付属の電源ケーブルで音のチューニングをしているってことでしょうけどね。
sa1.0に使用する電源ケーブルは厚みを持たせるタイプの電源ケーブルではなく、高解像度・ハイスピード系の電源ケーブルの方が良いのかも?CDプレイヤーに使っている自作ケーブル2号(AC design:W-1.4とAET:DCT-018とFURUTECH:FI-11(G))は合うかも。ただ、CDプレイヤーの電源ケーブルは変えたくないんですよね…。sa1.0の電源ケーブル選びは難しそうです。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
(↑クリックお願いします。)



スポンサーサイト
[ 2007/11/08 20:33 ] AV機器や家電 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。