紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

BLUE DROP ~天使達の戯曲~ 第10話 「Cirsium」 

マリと萩乃

ある程度は予測してましたが・・・ほんと一気に落としてきましたね。
いや~、今回も面白かったです。なんか無駄にBLUEのCG技術もすごかったですしw
前半のみっちーの書いた「オルレアンの少女」の脚本も仕上がって学園祭に向けて動き出した学園パートから後半一気に物語の核心へと迫りましたね。この調子だと最終回あたりに劇本番をやるっぽいですね。正直ここまでみっちーの劇を引っ張るとは思わなかったです。
さて、神隠島での戦艦BLUEの事故はアザナエルの"エミルフォースドライブ、船の指揮官から漏洩した精神感応波動はフォリメの神経細胞を犯したのだ――。"というセリフからわかるように萩乃の精神によって暴走したエミルフォースドライブが原因のようですね。ただ、オノミルが死ぬ間際に萩乃に何かエミルフォースドライブについて言おうとしていたので、もしかしたら暴走するような仕掛けが最初からあったのかもしれません。

水しぶき

最終回までにこんな二人の笑顔は再びみられるのでしょうか?続きが凄く楽しみです。
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


みち子の脚本も無事に完成!製本までして気合が入っています。 戯曲って先生がちょろっと言っていたので、今更ですけど調べてみたのですがw なるほど~脚本の別な言い方なわけですか・・・ラストは演劇で終わりそうですね。 正直な話、ミッチーの脚本って引っ張るほ...
[2007/12/06 01:01] よう来なさった!
[二年櫻花の演劇脚本がついに仕上がった。みち子は演出までもまかされてしまうが、主役2人にマリと萩乃を選び、本読みに入っていく。そんな中、萩乃は神隠島事件の真相をなんとか伝えようとするが、なかなかふんぎりがつかないで
[2007/12/06 02:57] ルナティック・ムーン
やっぱ 海は いいよなぁ。
知りたくなかった真実 マリが裁縫も演技もダメだということ(そっちかw) ではブルードロップ感想です。 BLUE DROP~天使達の戯曲~ Vol.1(2007/12/26)矢島晶子.沢城みゆき.後藤邑子商品詳細...
[2007/12/06 07:09] ラピスラズリに願いを
『オルレアンの少女』みっちー作の戯曲完成! よく完成したとツバエルも感心です。 脚本だけでなく監督もまかされたみっちー、がんばれ(笑) 劇の準備も進むなか、萩乃はマリをBLUEに招待。 神隠島にあった真実を告白
TBSアニメーション 「CLANNAD」公式ホームページ 当然ですが、既に今回は「風子」という単語は一切出てきませんでした。けれど、早々に「風子」を残した描写、「渚」と呼ぶようになった理由を岡崎と渚で思い出そうとして温かさを感じられるのもはよかったです。まあ、こ?...
BLUE DROP~天使達の戯曲~ Vol.2 救った者と救われた者。萩乃に対し、全幅の信頼を寄せるマリ。だが罪の意識に苛まれ続ける萩乃はマリをBLUEに招く。海原に浮かぶBLUEの上で、告白と謝罪をする為に・・・。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。