紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「世界樹の迷宮 -去りゆくモノたちへの鎮魂歌-」を読んだ 

世界樹の迷宮 -去りゆくモノたちへの鎮魂歌- (ファミ通文庫 S 12-1-1 SPECIAL STORY)世界樹の迷宮 -去りゆくモノたちへの鎮魂歌- (ファミ通文庫 S 12-1-1 SPECIAL STORY)
(2007/11/30)
嬉野 秋彦

商品詳細を見る

先月からずっと積んでいた世界樹の迷宮を舞台にした小説を読んでみました。
内容はネタバレになるので触れませんが、内容を一言でいうと
「なるほど、こんな妄想の世界もあるのか!」
って感じですねwこれを読んだ後、私も淡々とゲームを進めるのではなくひとつのイベントごとにあれこれ妄想して脳内補完しながらプレイすればよかったなぁって思いましたよ。

ゲームをプレイしたことがある人なら十分に楽しめる内容だと思います。。逆にゲームをやっていない人はイマイチに感じられるかもしれません。
スポンサーサイト
[ 2007/12/13 00:41 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。