紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

BLUE DROP ~天使達の戯曲~ 第13話 「Rosmarinus」 

萩乃


BLUE DROPもついに最終回。できればマリと萩乃にとって幸せなENDを迎えてほしいと思っていましたが・・・このENDは哀しすぎますよ。 海鳳祭本番当日、全世界に対してアルメの本隊が攻撃をしかけてきて、海鳳学園もその戦火に巻き込まれ海鳳祭はめちゃくちゃになってしまい、結局マリや萩乃たちは"オルレアンの少女"を最後まで演じることができませんでした。アルメ本隊はもう少し空気読んで攻撃を遅くしてくれてもよかったのに・・・。

みっちー

「あの、千光寺さんがスパイなんかなわけ、ないじゃないですか」

萩乃が地球人じゃないと知っても萩乃を信じるみっちーに感動した(つД`)この想いがあったからこそ30年後みっちーは国連和平使節団としてアルメと交渉しにいったのかもしれませんね。

別れ

ここの演出は神ってたなぁ。マリがジャンヌと呼びかけたのは劇はまだ終わっていない、つまり萩乃に無事に戻ってきてほしいとう思いがあったからなのかも。でも萩乃は壊れゆくBLUEの中でひとりジャンヌを演じ終わってしまうんですよねぇ・・・。アカン、思い出しただけで泣けてきた。

<総評>
個人的に今期最高クラスの作品だと思います。マリの接触テレパス能力やエミルフォースドライブの臨界反応によって得られる"思念凝結兵器""などのSF要素にもっとつっこんでほしいとこはありましたが、そんなSF要素もマリと萩乃の関係を描くためのスパイスとして働いているだけと考えれば全然問題ないように思えます。なんといってもこの作品の魅力はキャラクターの心情を丁寧に時間をかけて描いていたことですね。ここまでできた作品なんてそうそうないんじゃないでしょうか。
まぁ、色々書いてもアレなんで簡単に言うと、初めはなんとなく見ていたアニメですがここまで良い作品だったとは・・・って感じですw初っ端で見るの止めなくてほんとよかったですよ。
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


学園祭前夜、ミッチーは脚本の最後の調整かな。 今回の芝居に掛ける気持ちはこれまでの過程を振り返ると、 それはもう並々ならぬものがあるだろうし、気持ちも感じられますからね。 ただ裕子先生と萩乃の会話が頭から離れないようだが・・・どう影響するのか。 その...
[2007/12/27 18:47] よう来なさった!
 DDG-172 護衛艦 しまかぜ 『 しまかぜ、あやなみ、共に轟沈 』
[異星人による武力侵攻が始まる。圧倒的な科学力の差の前に、なす術もない地球側。萩乃の演劇の邪魔はさせまいと、必死で戦うブルーとツバエルだったが、2~4番艦を沈めたところ...
[2007/12/27 19:34] ルナティック・ムーン
頬染めアニメもこれでおしまいw 萩乃最後の聖戦へ。それは即ちマリとの・・・ ではブルードロップ最終回感想です。 BLUE DROP~天使達の戯曲~ Vol.1(2007/12/26)矢島晶子.沢城みゆき.後藤邑...
[2007/12/27 19:42] ラピスラズリに願いを
「Rosmarinus」 【ローズマリー】。学名“Rosmarinus”はラテン語で「海の露」。 永遠に変わらない愛・・・とネタ(ぇ そして、地球侵略までのプロセスを描いてきたアニメも、ついに最...
[2007/12/27 23:16] ACGギリギリ雑記
ブルードロップもとうとう最終話。このアニメも先がわからないな・・・。【送料無料選択可!】BLUEDROP~天使達の戯曲~Vol.1/アニメ早速感想。とうとう地球侵略。目的は証拠隠滅か。演劇はやっぱり実現せず・・・。萩乃は最後に出撃。若竹に一方的な別れを告げて・・・。...
[2007/12/28 08:22] 物書きチャリダー日記
開始された異星人の総攻撃。 海鳳祭で戯曲『オルレアンの少女』が開幕…。 舞台が終わるまでは、ツバエルは一人BLUEで応戦に出るが――。 終わりを告げる世界… 未来に種を...
BLUE DROP ~天使達の戯曲~ 第1話冒頭のメガネのおばさんは、香月だったんですね。千光寺と若竹の関係と同様のレベルで香月の背長を描いてきていましたからね。状況から、彼女が和平団の代表となり、あそこまで落ち着いた態度がとれるのも納得のいくことです。 で、...
学園祭当日、マリや萩乃は何とかお芝居を演じようとしますが、そんな想いとは関係なしにシバリエルの指揮する艦隊の攻撃が始まってしまうのでした。これまで異星人からの侵略を受けな...
[2007/12/31 22:02] 日々の記録 on fc2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。