紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

結界師 #13 

結界師 第13話の感想を書きたいと思います。
(以下ネタバレあり) 裏会総本部で良守の兄である正守は夜未と面会し、夜未を自分の下で働かせるように強引な手段で説得をする。その後、正守は白道から烏森を集団的に狙う組織の存在を聞かされ、自ら烏森に赴く。
一方、時音に指南書を読んでいないことを指摘された良守は蔵から指南書を探し出し読もうと試みるが、全く理解ができずにいた・・・。


久しぶりに夜未が出てきました。もう出てこないものと思っていたのでびっくりです。しかも夜未の年齢って正森(21歳)を越えていたなんて・・・。

今回は正守が初登場ってことで墨村の正当後継者に関するいざこざがありそうですね。正守は無駄の多い戦い方ばかりし、正当後継者としての自覚が足りない良守に対してどう思っているのか気になります。ってか正守は時音たちとは仲がいいんですね。

次回正守が良守たちに何か仕掛けるみたいです。
スポンサーサイト
[ 2007/02/05 23:43 ] [終了]結界師 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。