紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

レガシーにおける"イーブンタイド"注目カード  

公式に"イーブンタイド"のカードリストが発表されたので、恒例になってきた(?)レガシーにおける個人的注目カードをピックアップしたいと思います。

・白
《正義の執政官/Archon of Justice》
{3}{W}{W}
クリーチャー ─ 執政官
4/4
飛行
正義の執政官が場からいずれかの墓地に置かれたとき、パーマネント1つを対象とし、それをゲームから取り除く。

5マナ4/4飛行と十分なスペックを持った上、なんらかの方法で墓地にいくとパーマネントを"リムーブ"できるという優秀な能力を持ったクリーチャー。《適者生存/Survival of the Fittest》系のデッキだと場と墓地を行ったり来たりできるので相手の場を全部ゲームから取り除くことができるかも・・・。

・青
《エレンドラ谷の大魔導師/Glen Elendra Archmage》
{3}{U}
クリーチャー ─ フェアリー・ウィザード
2/2
飛行
{U},エレンドラ谷の大魔導師を生け贄に捧げる:クリーチャーでない呪文1つを対象とし、それを打ち消す。
頑強(このクリーチャーが場からいずれかの墓地に置かれたとき、それの上に-1/-1カウンターが置かれていなかった場合、それを-1/-1カウンターが1個置かれた状態でオーナーのコントロール下で場に戻す。)

カウンター内臓&除去態勢があるフェアリー。頑強持ちなのでカウンターは2回使えます。4マナと重いのがネックですけど、フェアリーストンピィ系が何枚か入れたりしそう。まぁ、フェアリーストンピィは使ったことがないのでこれが有効なのかどうかはよくわからないんですけどw

・黒
《カラスの罪/Raven's Crime》
{B}
ソーサリー
プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはカードを1枚捨てる。
回顧(あなたはこのカードを、それの他のコストの支払いに追加して土地カードを1枚捨てることで、あなたの墓地からプレイしてもよい。)

《Pox / 悪疫》&《Crucible of Worlds / 世界のるつぼ》のデッキには中々よいかも。捨てた土地も使いまわせますし。もちろん《Life from the Loam / 壌土からの生命》との相性も抜群ですね。ただこちらが回顧をフルに利用できるような状況になっていると《カラスの罪/Raven's Crime》を打たなくても十分に勝つことができる気がしますが・・・w

・赤
《斑点の殴打者/Stigma Lasher》
{R}{R}
クリーチャー ─ エレメンタル・シャーマン
2/2
萎縮(これはクリーチャーに-1/-1カウンターの形でダメージを与える。)
斑点の殴打者がいずれかのプレイヤーにダメージを与えるたび、そのプレイヤーは残りのゲームの間ライフを得られない。

最近の赤のクリーチャーは昔と比べて強くなったなぁ。赤では2マナ2/2+α能力持ち、しかもその能力が赤の1番の悩みどころであるライフゲインを防げるとなれば間違いなく優秀なクリーチャーと言えると思います。一発でも攻撃が通るだけも十分価値があるのではないかと。

・緑
《らせんの円錐/Helix Pinnacle》
{G}
エンチャント
被覆
{X}:らせんの円錐の上に塔カウンターをX個置く。
あなたのアップキープの開始時に、らせんの円錐の上に100個以上の塔カウンターが置かれている場合、あなたはこのゲームに勝利する。

なんか書いてあることがおもしろいカード。現実的かどうかは未知数ですがw
合計100マナを生み出せる状況だとフツーに別の手段で勝てそうですね。

・ハイブリット
《運命の大立者/Figure of Destiny》
{R/W}
{R/W}:運命の大立者は2/2のキスキン・スピリットになる。
{R/W}{R/W}{R/W}:運命の大立者がスピリットである場合、それは4/4のキスキン・スピリット・戦
士になる。
{R/W}{R/W}{R/W}{R/W}{R/W}{R/W}:運命の大立者が戦士である場合、それは飛行と先制攻撃を持つ8/8のキスキン・スピリット・戦士・アバターになる。

書いてあることはネタっぽいですけど、マジメに強そうなカード。序盤から優秀なウィニークリーチャーとして展開でき、中盤は4/4クラスとして戦線を支え、最終的には8/8飛行&先制攻撃とフィニッシャーになるというステキ使用。まぁ、最後の能力まで使えるかどうかは微妙ですけど、2つ目までは現実的だと思います。しかもこのクリーチャーは赤/白のハイブリットなので赤にも入れられるんですよね・・・。スタンダードでは赤の時代とかきたりするのかなぁ。

・アーティファクト
《下劣なエンブレム/Leering Emblem》
{2}
アーティファクト ─ 装備品
あなたが呪文をプレイするたび、装備しているクリーチャーはターン終了時まで+2/+2の修整を受ける。
装備{2}

装備すればみんなGrowクリーチャーになる装備品。ただコストが重いんだよなぁ。
これを取り上げたのはただ単に私がGrow系のデッキが好きなだけなんですけどw

・土地
フィルターランド各種

レガシーではデュアルランド&フェッチランドが使えますから微妙かもしれませんけど、対抗色なら活躍の場があるかもしれません。

以上注目カードをピックアップしてみました。今回は《Painter's Servant / 絵描きの召使い》のようなレガシー環境に大きく影響を与えるカードはないように感じました。実際のところはわかりませんけどね。どちらにせよ、使えるエキスパンションが増えるのはうれしいので発売日が楽しみです。

スポンサーサイト
[ 2008/07/16 00:16 ] MTG | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。