紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Venus Versus Virus #3 

忙しくて1週間遅れですが、Venus Versus Virus 第3話「イライ ケハイ」の感想を書きたいと思います。
(以下ネタバレあり) 月夜という少女が退治屋「ヴィーナス・ヴァンガード」を訪ねてくる。依頼内容は数日前から部屋に引きこもっている双子の兄・陽司を救い出してほしいというものだった。月夜に対して同情するスミレに対し、ルチアはこの事件に対して不穏な空気を感じていた。

月夜ちゃん・・・つД`)
今回はヴァイアラス化してしまった人間の悲しい最期が描かれていました。月夜と陽司が仲良く描かれていただけに残酷な現実でしたよ。
その他には、この事件でルチアの心優しい一面も描かれていましたね。

そういや、スミレはどうして草薙さんに惚れてしまったんでしょうか。いわゆる一目ぼれってやつなんでしょうかね。

次回はスミレとルチアが出会ったときのお話のようです。
スポンサーサイト
[ 2007/02/15 23:57 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。