紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

レガシーにおける"アラーラの断片"注目カード  

『アラーラの断片』が発売されたので、レガシーにおける個人的注目カードをピックアップしたいと思います。今回から神話レアというものが出てきましたけど、シングルカードの店頭価格はどうなるんでしょうか・・・?

・白
《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》
{3}{W}
クリーチャー ─ 人間・兵士
3/2
イーオスのレインジャーが場に出たとき、あなたはあなたのライブラリーから最大2枚までの点数で見たマナ・コストが1以下のクリーチャー・カードを探し、それらを公開してあなたの手札に加えてもよい。そうした場合、あなたのライブラリーを切り直す。

2枚サーチできる能力は強力。サーチできる優秀な1クリーチャーが環境に多くいるので上手く使えばなんかできるかもしれません。ただ既存のデッキに入るデッキがあるかと言えば・・・微妙な気がします。

《災いの砂時計/Scourglass》
{3}{W}{W}
アーティファクト
{Tap},災いの砂時計を生け贄に捧げる:アーティファクトと土地を除くすべてのパーマネントを破壊する。この能力は、あなたのアップキープの間にのみプレイできる。

アップキープにしか起動できないというのはマイナスポイントですが、自身のアーティファクトを残しつつ全体をリセットできるのは強力。これを使えばLandstillあたりが自分の世界のるつぼや印鑑などを残しつつ全体をリセットすることができますね。ただ、ちょい重いかもしれません・・・。

・青
《エーテリウムの達人/Master of Etherium》
{2}{U}
アーティファクト・クリーチャー ─ ヴィダルケン・ウィザード
*/*
エーテリウムの達人のパワーとタフネスは、それぞれあなたがコントロールするアーティファクトの総数に等しい。
あなたがコントロールする他のアーティファクト・クリーチャーは+1/+1の修整を受ける。

アーティファクトランドと組み合わせればすごくいいサイズになりそうですね。親和デッキのお供にどうぞ。

・黒
《むかつき/Ad Nauseam》
{3}{B}{B}
インスタント
あなたのライブラリーの一番上のカードを公開し、そのカードをあなたの手札に加える。あなたはそれの点数で見たマナ・コストに等しい点数のライフを失う。あなたはこの手順を望む回数だけ繰り返してもよい。

《闇の腹心/Dark Confidant》の誘発型能力をライフの続く限りできるというトンデモカード。土地単で使えばライフをほとんど減らさずに大量にカードを引けますし、0マナアーティファクトとマナ加速を組み合わせればあっという間にストームを稼ぐことができると思います。これを主軸にしたストームデッキが出てくるかもしれません。

・赤
特になし

・緑
《野生のナカティル/Wild Nacatl》
{G}
クリーチャー ─ 猫・戦士
1/1
野生のナカティルは、あなたが山をコントロールしているかぎり+1/+1の修整を受ける。
野生のナカティルは、あなたが平地をコントロールしているかぎり+1/+1の修整を受ける。

優秀なビートダウン向けクリーチャー。デュアルランドを使えば2ターン目3/3にすることは容易です。Zooデッキには間違いなく必須のクリーチャーになると思います。

・マルチ
《数多のラフィーク/Rafiq of the Many》
{1}{G}{W}{U}
伝説のクリーチャー ─ 人間・騎士
3/3
賛美(あなたがコントロールするいずれかのクリーチャーが単独で攻撃するたび、そのクリーチャーはターン終了時まで+1/+1の修整を受ける。)
あなたがコントロールするいずれかのクリーチャーが単独で攻撃するたび、それはターン終了時まで二段攻撃を得る。

個人的最注目カード。二段攻撃がつくとかおかしいです。UGwスレッショルドが《Mystic Enforcer/秘教の処罰者》の代わりとして投入することは十分考えられます。タルモやマングースが+1/+1されて二段攻撃で殴れるとかすごすぎですw火力に弱いのがたまにキズですね。

《長毛のソクター/Woolly Thoctar》
{R}{G}{W}
クリーチャー ─ ビースト
5/4

デカイは正義。でも《Mind Harness/精神支配》は勘弁してくれw
3マナでこのサイズは破格です。これもZooデッキには必須クリーチャーになるかもしれません。


・土地
特になし

今回はプレインズウォーカーたちはなしの方向で・・・。書いてあることは強力なのですけど、既存のデッキに入るor新しいデッキタイプの中核となる感じは今のとこしません。もしかしたら《サルカン・ヴォル/Sarkhan Vol》あたりはやってくれるかも?

スポンサーサイト
[ 2008/10/03 11:54 ] MTG | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。