紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

キャシャーン Sins 第2話 「世界は断末の声で満ちている」  

俺は
「永遠を信じていたロボットが死んでいく、なのに俺は―。」

滅びが止まらない世界が物語の舞台という絶望感たっぷりのキャシャーンSinsの2話。1話と同様にメリハリのある戦闘シーンはバンバン動きますし、細かい描写もすばらしいです。
滅びという死を受け入れたロボットたちが集まっている病院にキャシャーンという"生"という希望を持ったものが現れたことによって、死を受け入れたロボットたちが死を拒み、最期にはキャシャーンの手によって破壊されるというお話でした。絶望の中にいるロボットたちにとっては生に溢れているキャシャーンはまぶしすぎたんでしょうね・・・。最後のキャシャーンがロボットたちを皆殺しにしたシーンはショックでした。キャシャーンがただの殺戮マシーンに見えてしまいましたよ。生に溢れているキャシャーンがロボットたちに死を与えることしかできないというのは皮肉なものです。一度滅びという死を受け入れたロボットたちが生を渇望する姿はキャシャーンにはどう写ったんでしょうね。

次回は「苦悩の果てに」。どうやら人間が初登場(?)するようです。

にほんブログ村 アニメブログへ
(↑クリックお願いします。)

スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


★★★★★★★★★☆(9.5) 「永遠を信じてたロボットが死んでいく・・なのに俺は・・」 観てて鳥肌が立ちました。 溢れる程の生を持ち...
[2008/10/10 23:07] サボテンロボット
「死があってこそ生がある」 滅びをそう受け入れ、ただ静かな死を望むロボットたち。 だがキャシャーンが目の前に現れたとしたら… ...
[2008/10/10 23:16] うるるん漫遊記
「何も知らないで死ぬなんて許さないから」(リューズ) どうみても、キャシャーンの格好した星矢ですよねぇ(笑)。 話の流れ キャ...
[2008/10/10 23:49] 失われた何か
「世界は断末の声に満ちて」 このサブタイを見て、デジャブ。どうやら「世は音に満ち
[2008/10/11 00:04] 色・彩(いろ・いろ)
 【ストーリー】 『月という名の太陽』であるルナを殺した記憶を失っているキャシャーン。 彼の前に現れた少女の姿をしたロボット・リューズは世界に滅びを齎したのは、キャシャーンであると語る。 記憶を失った彼に憤るリューズ。 だが、記...
[2008/10/11 02:02] 無限回廊幻想記譚
キャシャーンの前に現れた女ロボット・リューズは、激しい敵意を向ける。 そして、世界が滅びに向かっているのは全てキャシャーンのせいだと言う。 リューズは、記憶の無いキャシャーンに、「失った記憶を思い出してから死ね」 と言い放ち、その場を去って行く。 一方...
[2008/10/11 12:03] ぷち丸くんの日常日記
キャシャーン Sins 第02話 「世界は断末の声に満ちて」 評価: ── 我々には祈る言葉も流す涙も無い 脚本 小林...
[2008/10/11 12:03] いーじすの前途洋洋。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。