紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

結界師 #15 

結界師 第15話「良守の野望」の感想を書きたいと思います。
(以下ネタバレあり) 正守が良守の力を試すために放った植物系の妖を、良守はバックドラフト現象によって退治する。しかし、繁守に無茶なやり方を指摘され、いつかは甚大な被害を及ぼすと忠告を受ける。良守も現状のままで良いとか考えておらず、この現状を打開するためにある決意を固める

正守かっこいいです。なんだかんだ言っても弟の秘めたる実力を認め、さらには応援してくれるなんてステキです。良守にとって正守はまさに越えなければならない"壁"でだと思います。

今回、烏森を狙う"監視者"が出てきました。どうやら人間の姿をした妖っぽいですが、背後にどういった組織があるんでしょうね

次回はウロ様が出てくるお話。日常の描写に期待です。
スポンサーサイト
[ 2007/02/21 23:16 ] [終了]結界師 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。