紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

喰霊 -零- 第7話 「呵責連鎖-かしゃくのれんさ-」  

黄泉
御勤めで保険の先生を切ったことで神楽が落ち込む&立ち直る話。そしてラストにはまた衝撃の展開が・・・。
神楽は思ったよりも早く立ち直りましたね。これはまわりに自分を認めてくれる友人がいたからでしょう。神楽は不幸な境遇でも人に恵まれていますね。
今回は黄泉が神楽のことを羨望していたシーンがありましたね。神楽の神楽を認めてくれる友人たちも黄泉にはいない(?)ようですし、神楽に黄泉が自分では到底追いつけることができない(と思っている)退魔師としての血筋と才能がありながら神楽は家督を継ぐことを迷っているということが黄泉と神楽の関係を壊すきっかけとなるのかもしれません。

防衛省
防衛章所属の特戦四課のトオルとナツキが出てきたのには驚きました。花束をもっていたってことはおそらく墓参りだったんでしょうけど、墓参り先は1話でお参りしていたお墓と一緒なんでしょうか。

次回は「復讐の行方 -ふくしゅうのゆくえ-」。義父の死がきっかけで黄泉が暗黒面に堕ちていきそうな気がします。紀之が黄泉のケアをしっかりできればもしかしたら・・・。

にほんブログ村 アニメブログへ
(↑クリックお願いします。)

スポンサーサイト
[ 2008/11/19 23:55 ] [終了]喰霊 -零- | TB(14) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


喰霊 -零- 第7話「呵責連鎖(かしゃくのれんさ)」 第七話感想。 不幸は続いていく…。 神楽は良い友達を持ちましたね。 前回の終了...
[2008/11/20 00:09] Welcome to our adolescence.
第7話「呵責連鎖(かしゃくのれんさ)」 特戦四課の再登場を待ち望んできたブログの
[2008/11/20 00:33] 心のおもむくままに
トオルさん再び! 公式にまで見放された四課の釣り主人公ことトオルがまた登場するとは思わなかったw 一話の回想のシーンはこの後に起こ...
[2008/11/20 00:34] ムメイサの隠れ家
信念
[2008/11/20 01:18] Ηаpу☆Μаtё
『検証できない弱い仮説』を重ねて説明するという、オカルトにありがちな手法ですが、話の持って行き方がうまいので楽しめました。魍魎の...
[2008/11/20 03:10] メルクマール
喰霊-零- 第7話「呵責連鎖(かしゃくのれんさ)」 「今度やったら舌噛み切るから」 「ごめん、遅くなって」  いいセリフ。昔の文学...
[2008/11/20 07:29] こう観やがってます
第7話は、黄泉の父親が殺される話。 冥が普通に復活していたのは、やっぱり悪霊になったんでしょうねぇ。 そんなことより防衛省特戦四課メンバーが画面に登場、まだまだ元気な頃なわけですが何だか嬉しかったです(笑)。 神楽はかなりのショックのようで、それも無...
[2008/11/20 07:46] パズライズ日記
喰霊も今回で折り返し。そして鬱展開突入…
大好きだった保健の先生を殺してしまったことで自分を責め続ける神楽。2人の友人の理解で、ようやくそれから救われたと思いきや、さらなる悲しみが今度は黄泉を待っていたのでした。...
[2008/11/20 12:16] 日々の記録
★★★★★★★★☆☆(8.5) 先生を斬ってしまった事をクラスメイトに糾弾され傷つく神楽、 黄泉の支えもあり本音を言い合ってなんとか分...
[2008/11/20 22:37] サボテンロボット
今回のお話は、黄泉のお父様がお亡くなりになってしまうというお話でした。 殺されてしまったはずの冥姉さん、怨霊として復活。 やっぱり、こういう展開になってしまうんですな。 怨霊と化してしまった保健室の先生を殺害してしまった神楽はかなりショックを受けて...
 喰霊 -零-   第07話 呵責連鎖 -かしゃくのれんさ- 感想  -キャスト-  諫山黄泉:水原薫  土宮神楽:茅原実里  飯綱...
[2008/11/21 00:16] 荒野の出来事
喰霊-零- 1(限定版) 任務で初めて怨霊を斬った神楽。しかも、その者が顔見知りだった事に、大いにショックを受け、神楽は自身を責める。そんな彼女に、その現場を目撃した友人は・・・。
喰霊-零- 第07話 「呵責連鎖 -かしゃくのれんさ-」 評価: ── 私はいつも味方だから 脚本 高山カツヒコ 絵コン...
[2008/11/21 14:58] いーじすの前途洋洋。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。