紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

キャシャーン Sins 第8話 「希望の賛歌 」  

賛歌

キャシャーンが希望の歌姫であるジャニスに出会い、音楽堂を目指すジェニスの旅にキャシャーンが同行する話。音楽堂にたどり着いたジャニスがロボットたちの期待に応え歌う曲をバックにキャシャーンが壮絶な戦闘をおこなっているシーンは痺れました。希望を与える歌姫ジェニスと死を与えるキャシャーンとの対比が美しいと感じましたね。この演出はすばらしかったです。
キャシャーンは今回初めて自身の力を振るうことで誰かを守ることができたと感じたのではないでしょうか。今までは力を使うと暴走して人々を守るどころが傷つけてしまっていましたし・・・。ジェニスと出会えたことはキャシャーンにとって救いとなったでしょうね。"意味のないものなんてこの世にない"というセリフはこれからもキャシャーンを支えていくと思います。

挿入歌の『a path』『sky』がすごくよかったので誰が歌っているのかとEDテロップを注目してみてみると・・・なんとリューズ役の宮原永海さんが作詞作曲&歌っていると知って驚きました。これらの2曲はサントラCDに収録されるなら絶対ほしいです。それ以前に宮原永海さんのCDを買ってしまいそうですw

次回は「滅びの谷に咲く花」

にほんブログ村 アニメブログへ
(↑クリックお願いします。)

スポンサーサイト
希望の歌を歌うロボットがいた。
彼女の名はジャニス。
偶然襲われそうになっていた彼女を助けたことから始まる。

「あなたはなぜ殺すのです?」
「殺さなければ。」
「生を守るために殺すのですか?
 私は歌うために生まれて来た・・・あなたは殺すために生まれてきたの?」
答えられないキャシャーン。
「少し意地悪がすぎたようですね・・・助けてくれてどうもありがとう。」
「あなたは不思議ね・・・それだけの力がありながらその力に戸惑ってるように見える。」
弱音が漏れた。
「こんな力に意味があるんだろうか・・・・?」
その言葉に対して彼女はキャシャーンに近づき真剣な眼をしていった。
「この世に意味のないものなんてない。
 意味を見出すのは本人次第。
 その意味を見つけることさえ出来れば・・・・人は、迷わずに済む。
 私は生きるために歌っている。
 あなたもいつか戦う意味がきっと見つかるわ。」

[ 2008/11/28 22:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


前回の『高い塔の女』と対になるような話ですね。美しいものを伝えようとした2人の間で、何が違っていたのか。キャシャーン sins 8話 「希...
[2008/11/22 04:32] メルクマール
★★★★★★★★☆☆(8.5) 「貴方もいつか、戦う意味がきっとみつかるわ」 ロボット達の滅びへの恐怖を歌で救おうとする女の話。 1話...
[2008/11/22 14:59] サボテンロボット
今回は滅びをもたらした男と希望を与える女のお話ということで大変興味深かったです前回滅びの中でも希望の鐘の音を聞かせたいともがく女のお話がありましたが今回はその発展系な印象を受けましたただ相変わらず始まりは唐突だなぁアバンもほとんど新情報はないですしね・...
[2008/11/24 01:22] にき☆ろぐ
キャシャーン Sins 第08話 「希望の賛歌」 評価: ── 滅びの中で希望なんて生きられねぇんだ! 脚本 大和屋暁 ...
[2008/11/25 22:37] いーじすの前途洋洋。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。