紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Pumpkin Scissors #22 

パンプキン・シザーズ 第21話の感想を書きたいと思います。
(以下ネタバレあり) 不正を働くパウロ侯爵に決闘を申し込んだアリス。それに対しパウロ侯爵はローデイリア共和国の近衛兵二人を立ち向かわせる。不利な状況のアリスに参戦しようとするオーランド少尉だったが、突如近衛兵・ジャンの凶器が彼を襲ってくるのだった・・・。

ジャンはマジで外道

確かに銃で撃たれたら痛いということは頭でわかっていても、それを体験した人はほとんどいないので、民衆を抑えるためには痛い・怖いを体現した武器の方が有効ってのは納得してしまいました。オーランドもマジでビビッてましたしね。オーランドのビビり方がマジで怖いですw

次回はアリスvsアラン。オーランドとジャンとの戦いも決着がつきそうです。
スポンサーサイト
[ 2007/03/02 16:41 ] 未分類 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


パンプキン・シザーズ -Men of Pumpkin 編- Vol.3 [初回限定生産]/アニメパウロ侯爵の不正に鉄槌を下そうと舞踏会場に平民の一団が乗り込んできた。血気にはやる平民たちを制するため、アリスはパウロ侯爵との決闘を申し込む。だが・・・。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。