紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

獣の奏者 エリン 第12話 「白銀の羽」  

王獣を見上げるエリン
「王獣・・・?」

引越しをした先の山で王獣の存在をエリンが知り、初めてみるというお話。今回は王獣の描き方がすばらしかったと思います。物語のはじめから王獣の飛行している影だけを写し、エリンに王獣の羽を拾わせることで圧倒的な大きさを感じさせることで興味を湧かせ、宴会での楽しい雰囲気が冷めたところでエリンが王獣の姿を遠くに確認するという流れは王獣がいかに特別な存在であるかをその場の空気で示すことができていたと思います。
闘蛇より大きいとされる王獣なんですけど、エリンはこの王獣の奏者となるのでしょうか。

今回、エリンが音楽の才能があることが描かれていました。ジョウンの演奏した曲を一度聞いただけでマネをして演奏するというすばらしい才能です。
これってもしかしてエリンの母:ソヨンが最期に闘陀を操るために鳴らした指笛をエリンが再現できる可能性を示しているのでしょうか?奏者の技をエリンが使えるとなるとエリンの身が危うくなるかもしれませんね・・・。

次回は「王獣の谷」。

にほんブログ村 アニメブログへ
(↑クリックお願いします。)

スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


獣の奏者エリン 第12話 「白銀の羽」 エリンとジョウンの山小屋での生活がはじまりました。
[2009/03/30 00:08] Little Colors
エリンの音感に驚かされた回でした。 ダミヤはセィミヤの前ではこういう顔をするんだね。いや、これも企みのうちなのかなと考えてしまう...
[2009/03/30 00:26] 満天の星空の下で
今回はストーリー的には全く進んでないけど、やけに時間が経つのが早く感じたエピソードでしたね。まあそれだけ見入ってたと言うことなのだろうけど、振り返ってみるても、大きな盛り上がりどころが特になかっただけに不思議だなあと。
[2009/03/30 00:29] よう来なさった!
いよいよエリンたちは夏小屋への引っ越しを始めました。その頃、王宮には大公の視察を終えたダミヤが帰国していました。ダミヤがセィミヤを見る目つきが、何となくいかがわしいのです...
[2009/03/30 04:53] 日々の記録
セィミヤキタ━━━(゚∀゚)━━━!!! みったん待ってましたああああ!!!! お気に入りキャラ、セィミヤがついに登場! テンション上がったああああ!!! セィミヤにとって兄貴のような存在のダミヤですが、 石田さんダミヤがなんかえっちい(;^_^A エリン?...
[2009/03/30 21:02] のらりんクロッキー
エリンの感想が滞ってるな 簡易版失礼。
[2009/03/31 02:40] もす。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。