紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

獣の奏者 エリン 第13話 「王獣の谷」  

指笛に対する疑問
エリンは闘蛇を操り子を助ける王獣を見たとき、なぜソヨンが指笛を吹くのをためらったのかという疑問が浮かんだのです。しかしその答えを知るのはずっと後になってからでした―。

王獣との出会い

エリンが王獣の存在を間近で見たお話。いや~、王獣が闘蛇を操りながら子を助けるシーンには痺れました。その姿はまさに"王獣"と呼ばれるのに相応しいと思いましたね。
今回はソヨンが吹いた指笛と同じ音(=鳴き声)を王獣が発していたのがポイントでしたね。私はあのシーンを見て「指笛をエリンがマネして吹くのでは?」と思いましたが、見当違いでした。エリンは王獣が『奏者の技』を使うところを間近で見たことによって、ソヨンの使った指笛に興味を持ったのは間違いないと思います。この技がなぜ霧の民にしか伝わっていないのかは謎ですね。闘蛇を操るだけでなく、王獣に関わるもっと別の意味があると思います。例えば、王獣の鳴き声=奏者の技だったので王獣を引き寄せることができるとか・・・。う~ん、わかりません。

次回は「霧の民」。エリンが14歳に成長しているみたいです。

にほんブログ村 アニメブログへ
(↑クリックお願いします。)

スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


  第13話「王獣の谷」薬草として高く売れるチゴの根を採りに行くことにしたジョウン。しかし、チゴは闘蛇が多くいる危険な峡谷で育つことを知ったエリンは、母を失ったラゴウの沼でのことがよみがえり不安になり、ジョウンの後を追いかける。心配どおり、ジョウンは崖...
[2009/04/05 18:40] 日々“是”精進!
チゴを取りにいくと言うジョウン。そこは闘蛇が多く潜む峡谷。それをしったエリンが、青ざめ腕輪を握り心配する時の表情が実に印象的。ジョウンを心配してと言うのもあるのでしょうが、ソヨンを失ったときの恐怖が蘇ってきたのでしょうね。
[2009/04/05 18:51] よう来なさった!
・獣はやはり大きくて、そしてでたらめな存在でした。白く光っているのが格好良かったですね。
[2009/04/05 19:02] つれづれ
獣の奏者エリン 第13話 「王獣の谷」 エリンが王獣と出会ったお話です。
[2009/04/05 19:15] Little Colors
獣の奏者エリン第13話
[2009/04/05 22:36] 休羽捫虱帳
今回は今のエリンにとってのジョウンという存在の大切さ、そしてエリンが初めて王獣をその目で見た時の表情がとても印象的でした。 この...
[2009/04/06 21:56] 満天の星空の下で
ルギア王獣でか~!! トーダがすげえちっちゃく見えたよ… 今回はジョウンがジョウンらしからぬ展開でした。 チゲの根を取りに、トーダがいる渓谷へ向かったジョウン。 よい値で売れるチゲの根は貴重な収入源なのでしょう。 トーダの名前が出ればエリンがソヨンの...
[2009/04/07 15:00] のらりんクロッキー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。