紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Venus Versus Virus #6 

Venus Versus Virus 第6話「ニガイ ヒガイ」の感想を書きたいと思います。
(以下ネタバレあり) 自分のせいで京子や与識をヴァイアラスとの戦いに巻き込んだと感じたスミレは塞ぎこんでしまい、退治屋の仕事に復帰できずにいた。塞ぎこんでいるスミレに対してルチアは冷たく接し、二人の仲に亀裂が走ってしまう。スミレが復帰できていない状況の中、ルチアの前に新たなヴァイアラス・ガイが立ちふさがる・・・。

目からビーム!!

スミレが立ち直れない間にルチアが怪我を負ったことをきっかけに、スミレがルチアに大切に思われているということを気付かせるお話。展開としては割りとベタでしたね。もうちょっと亀裂が入った仲を引っ張って、ドロっとした展開をしても良かったと思います。まぁ、あんましドロドロしすぎると、気楽に見れなくなるんですけどw

今回お話で出てきたポイントはスミレがバーサークを制御したことと、スミレが窮地に陥ったのをきっかけにルチアの左目が解放(?)されたことでしょう。おそらくスミレのバーサーク化以上にルチアの左目はストーリーに大きく関わってくると思いますので、どういったものなのか気になりますね。

次回はルチアの両親のお話が出てくるみたいです。ってかこのアニメって過去の話多いなぁ・・・。過去の話をまぜすぎるとテンポが悪くなってしまうと思うんですけどね。
スポンサーサイト
[ 2007/03/03 15:03 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。