紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ひだまりスケッチ #2 

ひだまりスケッチ 第2話「8月21日 ニッポンの夏」の感想を書きたいと思います。
(以下ネタバレあり) ある夏の日、大家さんにひだまり壮の表札を新しくするように頼まれたゆのたちだったが・・・。

あらすじを書く必要が無いくらい今回も良い意味でゆるい展開でした。

それにしてもゆのは8月も下旬にさしかかろうって時に起きる時刻を登校日と間違えるとかすごいですwまぁ、とは言え私もハッっと時計を見て平日と勘違いし飛び起きたことありますけどねw

さてこのアニメ、実写が多用されているんですけど、それがいい味を出していると思います。マッタリとした展開の中で実写を使うことにより、そこの部分が引き立ち、絵が単調にならないので視聴者も退屈しないというメリットがあるように感じます。それに表現も豊かになるので、見ている方も楽しいですね。

次回は6月のお話なので時間軸で言えば今回の前の話なんですけど、201号室の雨漏りがどうなるのか気になります。
スポンサーサイト
[ 2007/03/04 22:24 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。