紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

コードギアス 反逆のルルーシュ #20 

コードギアス 反逆のルルーシュ 第20話「キュウシュウ戦役」の感想を書きたいと思います。
(以下ネタバレあり) 枢木政権の官房長官だった澤崎が中華連邦の協力よって九州を制圧することに成功し、日本国の独立を宣言する。しかし、澤崎が宣言した独立国は中国の傀儡政権だということを指摘したゼロは澤崎に協力することはせず、東京に独立国を作ることを黒の騎士団の前で宣言する。一方、スザクはユーフェミアに騎士の称号を返上し、ランスロット単独でフクオカ基地を襲撃する作戦を実行するためにアヴァロンに乗り込んでいた・・・。

ランスロットとガウェインの共同戦線がかっこよすぎる!!

澤崎さんは九州に独立国を築くのに見事失敗してしまいましたね。他国を頼ること自体は絶対に悪いとは思いませんが、やはりその姿勢に問題があったのだと思います。例え独立できていたとしても、どう考えたって中華連邦には頭が上がらない傀儡政権になりそうですよ。この辺の問題は現実でも全然解決できていない問題なので、非常に難しいと思います。
今回で今後黒の騎士団がやるべき目的が明確になりましたね。東京に独立国を作るとはルルーシュも大きく出たものです。それにしてもルルーシュの「誰かが自分の代わりにやってくれる、待っていればいつかはチャンスがくる・・・」というセリフは耳が痛いです。何事も自分がやらねば解決なんてできないというのをわかっているのに、実際にはそれをやりたくないという"甘え"が先に出て、それを許してしまうんですよね・・・。

そういや地味にシャーリーの記憶復活フラグが立っていますよ。個人的にシャーリーは物語に絡んでほしいので早く記憶が戻ってほしいです。

そして再び酒井ミキオさんktkr!!使われた挿入歌はサントラに収録されるのでしょうか。収録されるようだったらサントラの購入を検討する必要がありそうです。

次回は学園祭のお話。九州での戦闘が終わったので無事に開催されるみたいですよ。
スポンサーサイト
[ 2007/03/11 00:54 ] 未分類 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL


アニメディア 2007年 03月号 [雑誌]澤崎敦・・・かつて元枢木政権の官房長官であった男。澤崎は、フクオカ基地を占拠すると日本の独立を宣言。これには、黒の騎士団のメンバーの間にも動揺が広がっていた。しかし、ゼロは気づいていた、澤崎は中華連邦の傀儡に過ぎないと...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。