紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Venus Versus Virus #7 

Venus Versus Virus 第7話「フカイ オモイ」の感想を書きたいと思います。
(以下ネタバレあり) ルチアは夢の中で自分と同じ左目を持ったヴァイアラスと出会い、うなされていた。苦しむルチアを見て名橋は回想にふける。それはまだ名橋が師匠の下でルチアの父・リュシフと共に学び、母・リリスのことを想っていた頃だった・・・。

小さい頃のルチアがカワイイ・・・(*´Д`)

え~、この物語の重要なキーワードはフラグメントみたいです。フラグメントがあれば「真なる世界」を構築することができるそうです。ん~、でもヴァイアラスとフラグメントの関連性がまだ見えませんね。リュシフがヴァイアラス化した原因もわかりませんし・・・もしかしてリュシフはヴァイアラスの元になった存在なんでしょうか。

それにしても1年経っただけでルチアは大きくなりすぎでしょwあれ?そういやケーキにはロウソクが2本だったし、2歳なのかな?リュシフは「この1年で・・・」と言っていたし・・・う~ん、わかりません。

次回はルチアが一人でヴァイアラス退治に明け暮れるらしいです。
スポンサーサイト
[ 2007/03/12 12:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。