紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

PumpkinScissors #23 

パンプキンシザーズ 第23話「そして甘い罠」の感想を書きたいと思います。
(以下ネタバレあり) ローデイリアの近衛兵・アランとの決闘に苦戦していたアリスだったが、オーランドからの言葉や軍服によって陸上3課の少尉としての"領域"がアランに対抗できるだけの力をアリスに与える。しかし、それでも序盤の疲労は隠せず、アランの猛攻にあと一歩のことまで追い詰められてしまう。

少尉の"届かざる左の護剣(マンゴーシュ)"がカッコ良すぎる!!

アリスVSアランの決着が着きました。にしてもアリスの剣術の描かれ方は気合が入っていましたね。オーランドはどちらかというと激しく動いて戦うタイプではないので、動き回る描写が少ないのですが、アリスの場合はすごいですね。絵もめっちゃ動いてましたし、舞踏会編になってからアニメ版はより面白いものとなりましたね。ただ残念なことに次回で最終回なのですが、最後に気合の入ったもので終わることができるというはそれはそれでいいことだと思っています。

次回は最終回。原作とは違ったアニメ版ならではの決着のつけ方でもするのでしょうか。
スポンサーサイト
[ 2007/03/14 22:42 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。