紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Venus Versus Virus #8 

Venus Versus Virus 第8話「クライ ネガイ」の感想を書きたいと思います。
(以下ネタバレあり) ルチアは名橋から自分の出生について事実を聞かされ衝撃を受ける。父・リシュフが諸悪の根源だと知ったルチアは、父を探し出すため、ヴァイアラスとの戦いに明け暮れるが・・・。

ルチアの笑顔がステキだ・・・(*´Д`)

って、いきなりルチアはヴァイアラス退治に行く時にマントを装着するようになりましたよwなんか意味があったのでしょうか・・・。

んでもって、一人でヴァイアラス退治に出かけるルチアがあっさりルカとガイに捕まってしまうのはちょっと情けない気が・・・。ルカとガイにボコボコにされても強がっていたルチアが、母の形見を取られた瞬間にたじろいでしまった姿を見て不謹慎にもちょっとカワイイと思ってしまいましたよ。

そういや今回、スミレがルチアの母・リリスと重なるシーンが2度もありましたが、リリスのフラグメントはスミレの中にあるという伏線でしょうか。リリスが亡くなった日とスミレの誕生日が被りますし、ルチアと共鳴できる点も、そのあたりが関係してそうです。

次回は束の間の休日って感じっぽいです。
スポンサーサイト
[ 2007/03/18 18:24 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。