紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

マクロス FRONTIER 第15話 「ロスト・ピース」  

三角関係
これはいい総集編。
マクロスFもそろそろ折り返し地点に来たためか、今回は総集編でした。総集編って聞くとあまり評価が高くないものが多い(?)感じがします。でもマクロスFの場合は今までの振り返りと現状、そしてこれからの展開を期待させるものだったのですごく楽しめました。特にシェリルとランカが掛け合いで歌った『What 'bout my star? @Formo 』のシーンはアルトと彼女たちの現状をとても上手く表現していると思いました。ほんとアルトは優柔不断ですねwその内二人に愛想をつかされそうで心配です。

マクロス FRONTIER 第14話 「マザーズ・ララバイ」  

ランシェ

う~ん、謎だらけだw正に謎が謎を呼ぶって感じです。
ランカとヴァジュラの関係がもう少し描かれるのかなぁって思ったらそうでもなかったですし、戦闘シーンがメインだったせいか人間関係もあまり描かれていなかった気がします。もちろんルカの死亡フラグ立ちまくり発言はありましたけど。ヴァジュラに関する謎やレオンたちの陰謀は次回に持ち越しのようですね。
今回、個人的に1番気になったのがランシェ・メイ(CV:坂本真綾さん)が『アイモ』を歌っていたことですw坂本真綾さんが歌う『アイモ』のフルバージョンがマクロスフロンティアのサントラ2とかに収録されていてほしいですね。真綾さんにはもっとマクロスFの楽曲に参加していってもらいたいです。

マクロス FRONTIER 第13話 「メモリー・オブ・グローバル」 

ガリア4崩壊

えぇーーーっ!!これは驚きの展開!!先が全く読めませんよ。
まさかガリア4が崩壊するような方向に行くとは思っても見ませんでした。今までの展開のスピードと比べてあまりにも早すぎる気が・・・。なんか色々詰め込んできたって感じです。

マクロスFRONTIER 第12話 「ファステスト・デリバリー」 

ランカ

キラッ☆
ってか前回の話はこの話を盛り上げるためにあった気が・・・。アルトとの関係はシェリルの方が優勢かって思っていましたが一気にランカの方が優勢になった気がします。
ガリア4でのシェリルのライヴが体調不良により中止になったことで暴動を起こしたゼントラーディ人でしたが、ミシェルが新型ホールドブースター(?)を使用することでホールド断層を気にせず連れてくることができたランカの歌によって無事に解決できました。さすがゼントラーディ人に『超時空シンデレラ』と言わせる実力は伊達じゃないです。これによってランカのシンデレラストーリーにまたひとつエピソードが追加されたでしょうね。
あ、ランカのライブ中に『超時空スーパーライブ』のテロップが流れたときは良い宣伝方法だなぁって思いましたw

マクロスFRONTIER 第11話 「ミッシング・バースデー」  

ランカ

「アルトくん…ハッピーバースデイ」

あ~、ランカの想いは報われていないなぁ。クッキーの焼き方をナナセに聞き、勇気を振り絞ってアルトを誘ったっていうのに…。なんというかタイミングが悪いですよね。
だんだんアルトとランカの距離が離れていっているようで悲しいです。

マクロス FRONTIER 第10話 「レジェンド・オブ・ゼロ」 

録画ミスってた・・・orzでもリアルタイムで視聴していたので感想は書きます。

『マクロスゼロ』を原作として映画を作るというユニークな話でした。こんなことができるのは作品数が多いマクロスならではですね。EDを映画にあわせて流したりとかCパートまで作っての演出とかかなり凝っていました。
途中のCMでマクロスゼロの宣伝が入ったときは「うまい宣伝方法を考えたもんだ」と感心しましたがw

ランカはちょい役で出演する予定が、現場で監督にマオ役に抜擢され、見事銀幕デビューを果たしました。いや~、監督の試写会での「伝説は今ここから始まる―。」とは上手いこと表現したと思います。マクロスシリーズの原点であるマクロスゼロとランカの原点をかけたのはすばらしいですね。まさにランカの伝説はここから始まるって感じです。
あ~、でもあのミスマクロスにサラ役をやらせるのは微妙すぎますよ・・・。あの外見はどう見ても巫女には見えませんって、ほんとに。おそらくわざとだと思いますが。

そういやアロハシャツのレオンが会っていた人物って誰なんでしょ?データとの交換条件にシェリルのイヤリングについていた宝石のようなものを渡していましたが・・・。
個人的に携帯端末からデータのやり取りをする時の"データを飛ばす"って感じの演出は好みだったりしますw

次回は二週間後。これって関西だけとかじゃないですよね?

マクロス FRONTIER 第9話 「フレンドリー・ファイアー」 

平手打ち

「バカッ!!」

バルキリー相手に平手打ちとはw
こういったシーンを描けるのはマクロスならではじゃないでしょうか?

マクロス FRONTIER 第8話 「ハイスクール・クイーン」 

ニンジン

ニンジンのコスプレかよ~w
まぁ、徳川さんの言うように下積みは大事だと思いますけどね。にしても徳川さんがまた出てくるとは思わなかったです。って、ランカって徳川さんと同じ事務所だったのかw
今回はギャグ回だったようで、展開がはっちゃけてましたね。

マクロス FRONTIER 第7話 「ファースト・アタック」  

ランカ&シェリル

新曲『インフィニティ』キターーーー!!!!
今度の新曲はシェリル&ランカという二人の歌姫のコラボレーションですよ。ランカがシェリルの歌を歌うことはあっても二人が歌うというパターンは今までありませんでしたが、これはいいですね。
劇中で戦闘シーンで流れた『射手座☆午後九時Don't be late』もCGならではの迫力と疾走感にマッチしていますし、ほんとマクロスFは音楽のレベルが高いと思いますね。
劇中で流れた新曲『インフィニティ』や『射手座☆午後九時Don't be late』はマクロスフロンティアO.S.T.「娘フロ。」 に収録されるようなので、今から発売が楽しみです。

マクロス FRONTIER 第6話 「バイバイ・シェリル」 

シェリル

「惑星の瞬きは gone…♪」

"ダイアモンド クレバス"を歌っているシェリルはまた違った聖なる雰囲気があっていいですね。まさに歌姫ってオーラが出ていますよ。
にしても現時点で三角関係はすでにアルトとシェリルで決着がついているような…ランカは引っ込み思案なのに対しシェリルは積極的だからなぁ。個人的にランカにはもっとがんばってほしいです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。