紙の切れ端

アニメの感想や購入物のレビュー、その他雑記・趣味に関することについて書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

あかね色に染まる坂 第2話 「あかね色のアプローチ」  

ずばばばん
「ずばばばぁん、ずばばばぁん、ずば、ば・・・」

前回転校生が許婚で一つ屋根の下で暮らすことになったっていう普通なら超展開、でもこの手のゲームが原作なら意外と普通というラストで終わりましたが、今回はメインキャラクターの背景及びそのキャラクターの交流って感じでした。
優姫は『別にあんたのために作ってる訳じゃ無いんだからね』って定型文を言うくらいお嬢様でちょっと天然が入っているツンデレキャラ、湊は料理の腕が抜群で家事が得意という兄に全国のお兄ちゃんにとって理想的なキャラってとこでしょうか。話的には優姫ルート(?)行きそうな雰囲気ですね。ただそうなった場合、現在二人が仲良くなっているだけに準一をめぐる争いが起きたときの修羅場がすごそうで怖いですwそういやエージェントは準一たちの両親だったようです。でも優姫に『もしかして本当の兄妹ではない―』と言われた時の湊の反応を見る限りこの両親はお互い再婚っぽいですね。

次回は「怪奇色のスクリーム」。学校の怪談みたいな感じなのかな?

にほんブログ村 アニメブログへ
(↑クリックお願いします。)

あかね色に染まる坂 第1話 「あかね色のファーストキッス」 

優姫
「片桐優姫、今日からここに住む・・・あなたの許婚よっ!」

新番組の第1弾ってことで『あかね色に染まる坂』を見てみました。原作のゲームはタイトルを知っている程度なので、ほぼ予備知識がない状態での視聴です。
話は・・・許婚と妹が一つ屋根のしたで暮らすことになるというこの手のゲームの世界ではよくありそうな展開でした。見る人によってはお腹一杯な感じでしょうけど、私はそんなことありませんでしたよ。二次元ではよくあることですw

にしても主人公である準一の勘違いっぷりはすごかったなぁ。

1、転校生がもめている
2、『なんとかして』
3、『よしわかった。南無三、ちゅ~』
4、『・・・!!』
5、『これでよかったか?』

さすがにこれはないわ( ;^ω^)
一歩間違えれば完全にレ○プですよw

次回は「あかね色のアプローチ」。サイアクの状態で優姫から許婚であるいことを告げられた準一は仲直りすることができるのでしょうか?それとアバン出てきたエージェントとラストでの通信が本編とどう関わってくるのか気になります。

にほんブログ村 アニメブログへ
(↑クリックお願いします。)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。